XRapid採用で仮想通貨取引所3社がリップル社と提携

リップル社は16日、同社のクロスボーダー決済システムであるXRapidに、仮想通貨取引所3社の参加を承認し、プリファードパートナーとして提携していくことを発表した。

今回提携を発表した3社は、米国に拠点を置くBittrex、メキシコのBitso、フィリピンのCoins.phとなっており、今回の提携によりXRP Ledgerを通じXRP決済を行うことで、瞬時にXRPと、米ドル、メキシコペソ及びフィリピンペソの間で瞬時に変換することが可能となった。

リップル社の市場戦略部門のチーフであるCory Johnson氏は今回の提携に関し、以下のように述べている。

「提携先である3つの取引所はそれぞれの国において非常に有名な取引所となっており、XRPの所有量及び流動性の高さによって選ばれた。XRPを取り扱う取引所は多数あるが、今回はXRPをより多く所有し、より流動性を高めうる3つの取引所に決定した。XRapidを使用し資金の送金を行うために、米国、メキシコ及びフィリピンのユーザー全員がこの3つの取引所を使用することをすることを基本的に推奨している。」

Cory Johnson氏はXRapidに関し、「我々はすでにXRapidのパイロット事業においていくつかの成功例を確認している。そして今年後半には、ベータ版であったXRapidを製品化していく。各取引所とXRapidの提携によって金融機関は、異なる通貨間でのスムーズな資金移動が可能になるだろう。」と続けて述べた。

今年5月にXRapidのプラットフォームに参加している金融機関は米国、メキシコ間での決済をテストしており、3日かかっていた送金時間は2分に短縮され、また費用面でも40~70%の費用削減に成功している。

またリップル社は今回これら3つの取引所しか提携の発表をしていないが、将来的に提携先が増える可能性も示唆した。

Coins.phのCEOであるRon Hose氏は、リップル社との提携に非常に前向きな考えを持っており、「リップル社との提携によって、ブロックチェーンにおけるメリットによる国際間での送金及び決済は、現在世界中に1000万人以上いる海外在住のフィリピン人が、現状の国際送金よりもリーズナブルにフィリピンの家族へ送金することが可能になると期待している。」としている。

この記事のURLをコピーする