トンガが2022年11月までにビットコインを法定通貨化か

トンガがビットコインを法定通貨化か

エルサルバドルでビットコイン(Bitcoin/BTC)が法定通貨として正式に認められて以降、複数の国が追随するように、ビットコインを法定通貨として採用するか検討しているなか、トンガ(トンガ王国)は、2022年11月までに法定通貨としてビットコインを採用する可能性がある、と元国会議員が明かしたことが明らかになった。

日本語訳:
1. 9月/ 10月の法案は議会へ。
2.国王の裁可のために国王の裁可に提出するために国王の裁可に送られました。
3. 1カ月-枢密院の助言によるHMはビルに同意します。
4.政府のアクティベーション日が設定された2〜3週間の官報。
4.アクティベーション日#BTCに法定通貨になります。

トンガの元国会議員であるフシトゥア(Fusitua)卿は、ビットコインに対する国の法定通貨法案は「モデル化」されており、エルサルバドルのものと「ほぼ同一」であることを明らかにした。最新のツイートによると、フシトゥア卿は、トンガの法定通貨としてビットコインが暫定的に到着したことをほのめかし、2022年11月までに仮想通貨を採用する可能性があると述べた。なお、同法案は、2022年9月から10月までに下院に提出され、その後審議される予定とのこと。

ビットコインの法的枠組みをトンガにもたらした人物

トンガの王族であるフシトゥア卿は、Strike(ストライキ)の創業者兼CEO(最高経営責任者)でエルサルバドルのビットコインプロジェクトの建築家であるジャック・マラーズ(Jack Mallers)氏と協力し、ビットコインの法的枠組みをトンガにもたらしたと伝えられている。

マラーズ氏は業界について声を上げており、仮想通貨を採用すれば国はより競争力があり裕福になる可能性があると何度も主張している。彼の焦点は、ビットコインが提供する送金の利点にあり、それは長期的な節約に関して市民に利益をもたらす可能性がある。ビットコインを含む循環型経済がどのように役立つかについ、フシトゥア卿は次のように述べている。

サプライチェーンのすべての段階で支払いにビットコインを使用する経済。種から食卓まで。キャッサバの根と牛をビットコインで支払い、農業サプライヤーから、カルドのステーキバーであなたに提供するウェイトレスまで、BTCのすべてのステップで支払います。

しかし、仮想通貨ユーザーの多くが既知のように、多くの経済学者や世界の指導者たちは、エルサルバドルのビットコイン法定化に懸念を表明しており、トンガで
法定通貨化された場合、同様に反発が注がれるとみられる。

エルサルバドルのビットコインポートフォリオ

若くて異端者のナジブ・ブケレ(Nayib Bukele)エルサルバドル大統領は、ビットコインを法定通貨として推し進めて歴史を築いた。

しかし、同大統領の行動は、下落する仮想市場に1,000万ドル(約11億円)の費用をかけたかもしれないと信じる一部専門家を魅了できまなかった。ビットコインが2021年9月以来初めて41,000ドルを下周り、エルサルバドルが資産の積極的な買い付けを行ったのと同じ月に下落している。過去1年間で、エルサルバドルは1BTCあたり平均購入価格51,000ドルで購入しており、およそ7,100万ドル(約80億円)を費やしている。政府が保有する仮想通貨を売却していないと仮定した場合、ポートフォリオは約12%減少した事になる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。