Bitmainがついに中国本土へのビットコインマイニングマシンの出荷停止

Bitmainがついに中国へのマイニングマシン提供を停止

世界最大のマイニング企業Bitmainは、中国国内で進行中の仮想通貨禁止強化のため、中国本土でのサービスを停止させ、メイン事業が海外向けのみになった事を発表した。

ビットコインマイニングマシンの世界最大のメーカーの1つであるBitmainは、中国本土の住所に暗号通貨マイニングリグを提供しなくなることを明らかにしました。ただし、同社は引き続き海外向けにマイニング関連製品の出荷は継続される。

仮想通貨禁止がついにBitmainにまで到達

仮想通貨マイニングと取引に対する中国の取り締まりは、Bitmainにも深刻な影響を及ぼしている。

北京を拠点とする同社は、WeChatアカウントで、Antminer仮想通貨マイニングリグの中国にある住所への出荷を10月11日から停止すると発表。それでも、Bitmainは香港と台湾に拠点を置く顧客にサービスを提供し続けていく意向で、次のように語っている。

会社の事業体の所在地に関する法律および規制を厳格に遵守することは、Bitmainが常に遵守している運用原則です。2021年10月11日から、Antminerは中国本土(香港と台湾を除く)への出荷を停止します。長期的な製品を購入した中国本土のお客様には、当社のスタッフが代替ソリューションを提供するためにお客様に連絡します。


海外顧客には影響を与えない

Bitmainは今回の発表にともない、新方針として、海外市場の顧客に影響を与えないと述べている。

発表によるとBitmainチームは、世界中の顧客の供給を確保するために懸命に取り組んでおり、同社はモジュラーマイニングコンテナであるAntboxの生産能力を増強させている。2021年9月以降、ビットメインが中国市場から撤退するという決定は論理的であるように思われ、地方自治体は内モンゴルで大規模な作戦を実行、その後NEXTMONEYの特集記事「中国の仮想通貨の取り締まり激化:内モンゴル自治区で10,000を超えるマイニングリグ没収」で報じているように、10,100のマイニングリグを押収。これに引き続き、「中国規制当局が偽装仮想通貨マイニングを厳しく監視:マイナーの捜索を加速」、「中国の内モンゴル自治区が仮想通貨マイニング禁止8措置を設定」など、複数の特集記事で報じてきたように、四川省、雲南省、新疆ウイグル自治区、青海省でも規制強化も標的にされていたが、大規模マイニングリグ欧州は同州で45回目掃討作戦の結果だ。

中国の仮想通貨禁止

仮想通貨に対する中国の敵対的姿勢は10年近く続いているが、国と中央銀行は、すべての地元組織がデジタル資産スペースに関連する企業と取引することを禁止することで、2021年、さらに一歩前進したと言える。

市場の価格への即時の悪影響は別として、この動きは多くの企業に中国の支店を閉鎖することを余儀なくさせており、人気仮想通貨取引所Huobiもその1つで、そのすぐ後にはKuCoinが続いた。最新報告によると、中国政府による禁止後2週間で、地元の人々へのサービスを停止しなければならなかった企業の数は20を超えている。

中国の仮想通貨の取り締まり激化:内モンゴル自治区で10,000を超えるマイニングリグ没収

2021.09.28

中国規制当局が偽装仮想通貨マイニングを厳しく監視:マイナーの捜索を加速

2021.09.17

中国の内モンゴル自治区が仮想通貨マイニング禁止8措置を設定

2021.05.27

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。