BybitがeスポーツクラブVirtus.Proとのパートナーシップを提携を発表

BybitがロシアのeスポーツVirtus.Pro と提携へ

2018年にシンガポールに拠点を構え立ち上げられた仮想通貨取引所Bybitが、ロシアで最も影響力のあるプロゲームクラブの1つであるVirtus.Pro(VP)とパートナーシップを提携した事が発表された。

ています。これは、取引所の2週間で4回目のeスポーツ取引です。

Bybitは、ロシアで最も権威のあるeスポーツクラブVirtus.pro(VP)と3年間のパートナーシップを提携し、eスポーツ分野への進出を拡大した。同取引所は今回の提携により、直近2週間で4回目のeスポーツとの取引となった。

BybitがVirtus.proのオフィシャルパートナーに

8月25日(水曜日)に発表された内容によると、BybitはVirtus.ProのNFTパートナーとして新たに提携したことで、独占的な公式Cryptocurrency Platformパートナーとして同チームを支援している。

Virtus.Proは現在、CIS地域(※1)、特に母国であるロシアで最も影響力のあるプロのゲームクラブの1つです。ロシアで最も人気のあるゲームDOTA2を支配しており、2020年の視聴時間は2,560万時間です。

(※1)CIS(Commonwealth of Independent States)地域とは…
ソ連崩壊時に、同国を構成していた15カ国のうちバルト三国を除いた12カ国を指し、ベラルーシ、ロシア、アルメニア、アゼルバイジャン、カザフスタン、キルギス、モルドバ、ウズベキスタン、タジキスタン、ウクライナ、トルクメニスタン、ジョージア(

パートナーシップ契約の一環として、BybitのロゴはVirtus.Proプラットフォームとチームジャージに表示され、両社は、社会的原因や包括的な金融教育、NFT開発、Bybitの主力仮想通貨取引競争へのプレーヤーの参加など、さまざまな影響主導のコミュニティイニシアチブに従事する。

WSOT 2021(World Series of Trading2021)は、世界中の仮想通貨トレーダーと、Virtus.Proを含むBybitの各eスポーツコミュニティのトッププレーヤーとの間の競争を特徴とし、今年の優勝者には過去最高額となる750万ドル(約8億2,500万円)の賞金が授与される。

今回のパートナーシップ提携について、Bybitのベン・ジョウ(Ben Zhou)氏は次のように述べている。

eスポーツは今や参加スポーツであると同時に観戦スポーツでもあり、WSOTは世界中の仮想通貨愛好家にとってもそのような機会になるでしょう。私たちは、仮想通貨を信じて取引を楽しむ人なら誰でも自分のベストを達成できるアリーナを作りたいと思っています。


Virtus.Proはデジタル資産と金融教育コンテンツを拡大

仮想通貨業界とeスポーツ業界の交差点をさらに拡大するため、Virtus.Proはパートナーシップ中にさまざまなデジタル資産と金融教育コンテンツをチャネルにアップロードを予定している。

Virtus.Proのセルゲイ・グラマズダ(Sergey Glamazda)副社長は、次のように述べている。

デジタル金融資産とeスポーツはどちらも比較的新しい業界です。彼らの急速な成長と誰もがそれについて話しているという事実にもかかわらず、多くの人々はまだそれが複雑で理解しにくいと感じるかもしれません。Bybitが大規模プロジェクトでeスポーツに参加できることを嬉しく思います。ロシアでのパートナーであることを誇りに思います。


Bybitがeスポーツ4チームとの提携を短期間で締結

仮想通貨取引所は、いくつかのeスポーツ組織とさまざまなパートナーシップを結んでおり、Virtus.Proとのパートナーシップ提携は同取引所にとって4番目の提携にあたる。

Bybitは、NEXTMONEYの特集記事「Bybitが伝説のeスポーツチームNAVIとの複数年パートナーシップを発表」で報じたように、ウクライナのeスポーツ組織NAVIとの複数年にわたるコラボレーションを通じて、eスポーツスペースへの最初の参入を果たした。同じ週に、スウェーデンのeスポーツチームであるAlliance、デンマークのスポーツプライドAstralisなど、他のeスポーツチームとさらに2つの契約を結んでいる。

Bybitが伝説のeスポーツチームNAVIとの複数年パートナーシップを発表

2021.08.24

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。