Diemはほぼすべての米国の州でライセンスを取得している

グローバル決済システムとしてのDiem

Facebookのステーブルコイン決済システムはDiem(ディエム)取締役会メンバーのデビッド・マーカス(David Marcus)氏によると、アメリカ全土で規制当局の承認を迅速に求めており、ほぼ全ての週で承認を取得していることが明かされた。

DiemAssociationの理事でデジタルウォレットNoviの責任者であるマーカス氏は、最新のブログで、Diem決済システムがほぼすべての州で認可されていることを明らかにした。

マーカス氏は、『Good stablecoins, a protocol for money, and digital wallets: the formula to fix our broken payment system 日本語訳)優れたステーブルコイン、お金のプロトコル、デジタルウォレット:壊れた支払いシステムを修正するための公式』と題されたブログの中で、ステーブルコインが現在の国際決済システム内の多くの問題を解決できる理由と、Facebookがそれに適したコイン、ネットワーク、ウォレットを作成する仕事をしている理由を説明、次のように述べている。

インターネット上でオープンかつ相互運用可能なお金のプロトコルを作成し、世界中の人々や企業のゲームを真に変えるチャンスがあるとすれば、それは今です。Diem 協会会員として参加しているという事実は、より多くの企業をスタンダードに近づけるのに役立つ可能性があり、私たちの努力を無駄にしたくありません。


DiemとFacebookの正当性を主張

グローバルステーブルコインネットワークが銀行口座を持たない銀行を支援し、米国が世界の準備通貨としてのドルの力を維持するのにどのように役立つかなど、多くの可能性を概説したマーカス氏。

ステーブルコインとネットワークのプロバイダーとしてのFacebookの正当性を擁護することに重点を置き、その過程でのDiemの州のライセンスと承認について次のように述べている。

私たちはこれらのコミットメントに忠実であり続け、世界中の規制当局や政策立案者と建設的な協議を行ってきました。米国では、ほぼすべての州でNoviのライセンスまたは承認を取得しており、そのような認可をまだ受け取っていない場所では発売しません。

マーカス氏は、Noviはすでに市場に出る準備ができていると述べており、規制当局に厳密に従いながら、「お金の未来がどこに向かっているのか」を取り巻くすべてのニーズを満たすと結論付けている。

Diemの可能性とFacebookの力

Diemはマーカス氏が投稿したブログに記載されていた様に、すでに準備が整っており、2021年の終わりまでに発売される可能性がある。

現在ステーブルコイン市場をリードするテザー(Tether/USDT)が十分な担保が不足しているという懸念に悩まされていることを考慮すると、Diemが主要ステーブルコインになる可能性は十分にある。すでに多くの仮想通貨が知っているように、Diemは2019年に「Libra(リブラ)」として発表されている。しかしその後、一企業であるFacebookが管理する“単一のグローバルデジタル通貨の確立”を実行しようとしていることを恐れ、さまざまな規制当局からの圧力や反発に直面した。マーカス氏は彼のブログ投稿で、Facebookにはネットワークに関する「不吉な計画」はなく、その焦点は「大規模な人々の大きな問題に対処すること」であると述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。