米国陸軍、戦術レベルのデータ管理にブロックチェーン技術を活用

米国陸軍が戦術データの管理にブロックチェーンを利用

コマンド、コントロール、コミュニケーション、コンピューター、サイバー、インテリジェンス、監視および偵察(C5ISR)センターで、米陸軍のエンジニアが戦術レベルのデータ管理にブロックチェーンテクノロジーを活用していることが分かった。

同センターは、情報トラストプログラムの一環として、新しいデータ管理機能を開発しており、ネットワーク近代化実験(NetModX)中にテストされたいくつかのプロトタイプテクノロジの1つでもある。これは、5月にニュージャージー州のジョイントベースマクガイア-ディックス-レイクハースト合同基地で開催された地上サービスである。

不測の事態の除去

C5ISRのコンピューターエンジニアであるフムザ・シャヒド(Humza Shahid)氏は、同プログラムの核となるのは、兵士に「センサーから射手、生産者から消費者まで、データを検証する数学的で検証可能な方法」を提供することを目的としている事を明らかにした。

多くの場合、敵は優れた武器に直面するのではなく、支援線や通信線を攻撃して混乱を引き起こす。近代戦争で軍隊は、物理的なものよりもサイバー攻撃に対して脆弱である可能性が極めて高く、さらなる強化が必要なのはデジタルインフラストラクチャーであると言われている。たとえば…、敵はネットワークの制御を乗っ取って、エンドユーザーに到達する前にデータ送信を操作できるようにする可能性がある。その意図は、セキュリティで保護されたブロックチェーンに移行することで、この可能性を否定し、中間者攻撃を排除することによって、指揮官は重要な決定を下すと際に自分の情報に絶対的な自信を持てる。

データの整合性

NetModXを実行している間、プログラム担当者は認証アプリケーションの強化に焦点を合わせた情報信頼技術に取り組んでいた。

シャヒド氏は、ログインだけを見るのではなく、ユーザーが誰であるかを検証するために情報信頼技術に取り組んだと述べている。データがネットワークを通過する際、データの整合性を向上させることもできるほか、機械学習アプリケーションを使用することで、送信データの異常を検出できる。実際、データと情報保証に関する実験の多くは、データの出所に焦点を合わせていた。これは、データのソースの正当性を確立する事と考え、同氏は次のように語っている。

接続が制限された無線波形を介した戦術環境でその機能を使用することができました。私たちのデータプロバンスピースは、実際には、その不変性またはトレーサビリティを提供するためのブロックチェーンテクノロジーを検討しています。


ブロックチェーンの軍用

2019年、テゾス(Tezos)は、公的機関が運用目的で使用する最初のブロックチェーンになった。

フランス陸軍は、スマートコントラクトを介して司法費用を検証するため、フランス陸軍CN3内のサイバー犯罪部門がTezosと協力し、ブロックチェーンを利用している。プログラムによってCN3は、運用コストを支払うために、Europol(欧州刑事警察機構)が割り当てた資金から仮想通貨の支払いを取得できた。これらの資金を追跡可能かつ監査可能に保つためC3Nは、各コストを記録する事を目的にTezosを選択している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。