FTXが9億ドルの資金調達に続き180億ドルの資金調達ラウンドを終了

FTXが史上最高額の180億ドルの資金調達ラウンドを終了

投資管理会社のVanEck(ヴァンネック)や、ベンチャーキャピタルのSequoiaCapital(セコイア・キャピタル)などの投資家から過去最高の9億ドル(約992億円)を調達した後、仮想通貨デリバティブプラットフォームFTXの推定評価額は180億ドル(1兆9,840億円)に増加した事が分かった。

香港を拠点とし、取引所と投資家が直接行う取引仮想通貨デリバティブ取引所であるFTXが、シリーズB (※1)の資金調達で過去最高の9億ドルを調達した後、歴史を築きました。

(※1)シリーズBとは…
規模拡大やIPO(仮想通貨の新規発行)を見据えた資金調達方法を指す。

FTXによる戦略的提携が目的の資金調達

大手メディアForbesの報道によると、FTXは60人以上の投資家が仮想通貨市場で最大の募金活動と呼ばれる資金調達ラウンドに参加。

投資家には、SequoiaCapital代表のアラン・ハワード(Alan Howard)氏やVanEck、ポールチューダージョーンズ(Paul Tudor Jones)家、ソフトバック (Softback)、サークル(Circle)などが参加している。

FTXのサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)CEO(最高経営責任者)は今回の記録的な資金調達について次のように述べている。

昇給の主な目標は、FTXのブランド成長を支援できる戦略的提携を見つけることでしたが、資本自体は主に買収に使用されます。これらはいずれも、付加価値が高いと思われる事業です。私たちが構築したツールを実装し、率直に言って、場合によっては、それらが構築したものを実装します。


BinanceがFTXの株式を売却

プラットフォームへの初期の投資家であった仮想通貨取引所Binanceは、現在の資金調達ラウンドには関与していない。これに関してフォーブスは、Binanceが撤回したことを指摘し、「良好な条件」で行われたと報じており、それに対してジャオ・チャンポン(Changpeng Zhao:趙長鵬)氏は次のように述べている。

私たちは彼らから驚異的な成長を見てきました。私たちはそれに非常に満足していますが、完全に終了しました。私たちはまだ友達ですが、もはや公平な関係はありません。

新しい資本により、FTXの評価額は180億ドルに増加。これは、デリバティブプラットフォームの価値が2020年に、会社は12億ドル(約1,323億円)の価値が、わずか1年で15倍に増加したことを示している。

FTXは2019年のエンターエースで比較的遅く開始したものの、同取引所はBinanceのライバルに成長。フリード氏は、今回集めた資金について、より多くの買収を行うために使用されると述べており、7月初旬、ウォール街の巨人として世界的に知られるゴールドマンサックス社を買収する可能性を示唆している。なお、今回の資金調達ラウンドの終了により、同氏は最も裕福な仮想通貨ビリオネアの仲間入りを果たし、58%の株式を保有している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。