英国歳入関税庁、納税者に仮想通貨保有データの収集を開始へ

英国歳入関税庁が仮想通貨保有者のデータ収集へ

HMRC(英国歳入関税庁)は、脱税と回避の疑いのある納税者から仮想通貨の保有に関するデータの収集を開始すると、英国トップ公認会計士企業であるUHYハッカーヤング(UHY Hacker Young)が主張していることが分かった。

最近の仮想通貨への関心と価値の急増に伴い、UHYハッカーヤングは、HMRCの「資産の陳述」フォーム(調査ですべての納税者の資産の完全な会計を要求するために使用)に、仮想通貨およびその他に関する情報の明示的な要求が含まれるようになると説明した。要求される情報には、ビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)などの仮想通貨、PayPalなどの電子マネーウォレットの資産、メキシコやコロンビアのドラッグカルテルが使用しているとされるシステムであるブラックマーケットペソスなどの「価値移転」システムの資産に関する詳細が含まれるとのこと。

歳入関税庁から資産を隠蔽していることが判明した場合、起訴されることが予想されており、これらの資産に関するデータに対する新たな需要は、HMRCが問題に取り組むための初の試みである。UHYハッカーヤングのデビッド・ジョーンズ(David Jones)ディレクターは次のように述べている。

HMRCは、仮想通貨やその他の認可されていない送金システムの台頭により、隠された富の量が増えていると考えています。この情報の需要は、それに対するHMRCの反撃における重要なステップです。


隠し財産が発覚した場合、刑事告発も視野に

HMRCによる今回のニュースは、英国のリテールバンク(※1)であるNatWest(ナショナル・ウエストミンスター銀行)が2021年4月に、ビットコインやその他の仮想通貨での支払いを受け入れるビジネス顧客とは関わらないことを発表した後に発表されている。
(※1)リテールバンクとは、コンシューマーバンキングまたはパーソナルバンキングとも呼ばれ、銀行から、個人や中小企業を対象にした小口の預金・貸し出し、為替取引などの金融業務のことを言う。リテール(retail)とは、小口・小売という意味である。

また、Londonに本拠を構え、商業銀行を主体とする世界最大級のメガバンクHSBCは、デジタルウォレットからの転送を許可しないこと、または顧客がCoinbaseMicroStrategyなどの仮想通貨関連企業の株式を購入できるようにすることを確認した。さらにジョーンズ氏は、次のように付け加えている。

ブラックマーケットペソのような一部の資産は、組織犯罪によってほぼ独占的に使用されていますが、犯罪収益はビットコインのような比較的主流の資産を、一部の人が警戒する速度で流れています。たとえば、海外のサイバー犯罪者は、検出を回避するために、ビットコインで実質的にすべての身代金を支払います。犯罪者はこれらの資産を申告しないことを選択できますが、そうすることで、法医学的作業で隠されたビットコインウォレットが見つかった場合にHMRCに刑事告発を行う別の機会が与えられます。

英国における最初の仮想通貨ガイダンスは、FCA(金融行動監視機構)およびイングランド銀行(Bank of England)と協力してHMRCによって開始された暗号資産タスクフォースによって、2018年にリリースされている。なお、HMRCは仮想通貨をデジタル通貨と見なし、課税に関しては、HMRCは資産として扱っていることから、キャピタルゲイン税の対象となる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。