UAEアラブ首長国連邦、ブロックチェーンベースのTradeConnectを発表

UAEアラブ首長国連邦がTradeConnectを発表

UAEアラブ首長国連邦が、ブロックチェーンベースのプラットフォームであるUAE Trade Connectを立ち上げたことが分かった。

Etisalatと、アラブ首長国連邦最大の銀行であり、世界最大かつ最も安全な機関の1つFAB(First Abu DhabiBank)は、Avanza Innovationsと共同で、UAE初の請求書割引詐欺防止プラットフォームであるUTC(UAE Trade Connect)を導入することにより、銀行が請求書融資で今日直面している課題を解消するソリューションを開発。このUTCは、請求不足やマネーロンダリング(資金洗浄)のほか、貿易金融詐欺など、経済犯罪を防止するために設計されている。

分散型元帳ブロックチェーンネットワークは、UAEを拠点とする通信会社Etisalatと、FABが主導する7つの地方銀行のコンソーシアムによって開発。同システムは6カ月のトライアル後に稼働し、プロジェクト全体は構想から納品まで2年かかったとのこと。

UTCの概要

UTCは、ブロックチェーン、人工知能、ディープラーニング、OCR(光学式文字読み取り装置)、などの最新の破壊的テクノロジーを活用して設計されている。この業界全体のソリューションは、ブロックチェーンネットワークを使用して銀行から提出された重複した不正な請求書をチェックすることを目的としている。

Avanza Innovations「UAE Trade Connect (UTC)」より動画引用

動画は全編英語で放映されており、日本語訳が必要な場合は、画面右下に表示されているアイコンの中から、「字幕」をクリックし、次に「設定」をクリックして開き、表示されたメニューの中から、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語」の順に設定することで大まかな日本語自動翻訳が表示されます。

複数のタイプのドキュメントを非鍛造で精査、検証、確認できるドキュメントクリアリング交換システムであり、ブロックチェーンの最新テクノロジーを利用して、複数の組織間の信頼、透明性、プライバシーを確保する。同時に、動的なルールベースのモデルを提供するとのこと。機械学習によるディープラーニング技術を利用し、不正重複したドキュメントを検出する。

UTCにコネクトすることで得られる機能的は以下の通りである

・インテリジェントな重複排除エンジンによって本物および非本物の(改ざんされた)ドキュメント(融資の請求書など)を検出し、管理された信頼できる環境内での分析と意思決定に参加者を支援。
・ユーザーの最終目標を達成するため、同プラットフォームのバックボーンとして使用される、ブロックチェーンやArtificialIntelligenceなどの初期のテクノロジー。
・他業界をシームレスにサポートするスケーラブルなシステム。
・他国や管轄区域に展開できる柔軟なプラットフォーム。
・複雑なオンボーディング要件や参加者による先行投資なしで、新しいエコシステム参加者を効率的にオンボーディングする機能。
・物理的にスキャンされたドキュメントをデジタルで読み取られたデータへ変換するために使用されるOCR(光学式文字認識)テクノロジー。

すでにトライアルが完了しており、UAE Trade Connectのパイロットプログラムは不正検出に焦点を合わせているが、同テクノロジーの支持者は、マネーロンダリングや制裁違反のキャッチなど、さらに多くをカバーするように拡張できると信じている。今後UAE Trade Connectは、港、税関、政府との協力を伴うものの、船荷証券、信用状、銀行保証を処理できるように設計することも検討している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。