Uniswap(ユニスワップ)、週取引高で100億ドルを記録

Uniswapが週取引高で100億ドルを記録

イーサリアムネットワークでトップの分散型取引所(DEX)のUniswap(ユニスワップ)は、イーサリアムブロックチェーンの高い取引手数料にもかかわらず、人々は現在もネットワークのDeFiプラットフォームに群がり続けている。

Uniswap Analyticsより画像引用

Uniswap Analyticsの統計によると、分散型取引所は初めて1週間のトランザクション量で100億ドル(約1兆800億円)以上を記録した。101.7億ドル(約1兆1,000億円)の運搬量は、過去7日間で26%増加している。

分散型取引所を使用すると、ユーザーはコインの保管を第三者に譲ることなくトークンを交換できるが、それらはユーザーが金融機関を経由せず仮想通貨から利息を得て、ローンを組むことを可能にするDeFi(分散型金融)の世界への主要経路である。

Uniswapは、イーサリアムの上に構築された元の分散型取引所の1つで、イーサリアムブロックチェーンのインフラストラクチャーを使用する仮想通貨の一種であるERC-20トークンを取引できる。取引可能な仮想通貨には、テザー(Tether/USDT)やUSDコイン(USDCoin/USDC)などのステーブルコインのほか、アーベ(Aave/ AAVE)やセルシウス(Celsius/ CEL)、ユニスワップ(Uniswap/UNI)などのDeFiプロトコルトークンが含まれる。

DEXからの顧客に対するプレッシャーに直面するUniswap

Uniswapは、スシスワップ(SushiSwap/SUSHI)、ワンインチ (1inch/1INCH)、およびその他のイーサリアムベースのDEXからの顧客に対するプレッシャーに直面している。

BitInfoによると、トレーダーが平均20ドルを超えるイーサリアムの高額な手数料を回避しようとしているため、Binance SmartChainのPancakeSwapなどの非イーサリアムDEXとの競争にも直面している。しかし、それらとは対照的に、比較的混雑していないBinance Smart Chainでは、イーサリアムアプリケーションと互換性がある一方で、ペニーで課金される。この違いは、値動きに敏感なトレーダーが無視できないほど大きな違いである。

Uniswapは、競争力を維持する必要性を認識しており、Uniswap V3は、流動性と取引効率の両方が改善され、5月5日に稼働する予定だ。イーサリアムを拡張するソリューションであるOptimismが稼働すると、UniswapV3もそこで発売される予定である。3月23日付けで公開されたブログの中で、Uniswapは次のように述べている。

画期的な設計の改善があっても、Ethereumメインネットでのv3スワップのガスコストはv2よりもわずかに安いです。Optimismの展開で行われるトランザクションは、大幅に安くなる可能性があります。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。