RippleX、XRPLedger用のPythonライブラリを発表

RippleXがXRPLedger用のPythonライブラリを発表

Ripple Labs Inc.によって構築された金融向けのオープン開発者プラットフォームであるRippleXが、XRPLedgerと対話するための純粋なPython実装であるxrpl-pyの立ち上げを発表したことが新たに分かった。

開発者がGitHubでテストして貢献できる新しいライブラリは、XRPLedger実装のより難しい側面のいくつかを簡素化。シリアル化やトランザクションなどの機能のコードは、XRP LedgerトランザクションのネイティブPythonメソッドとモデル、およびISC(Internet Software Consortium)ライセンスで動作するRippleのオープンソースサーバーソフトウェアのコアサーバーAPIオブジェクトでトランスコードされている。

1994年にグイド・ヴァン・ロッサム(Guido van Rossum)氏によって作成されたPythonは、複数のプログラミングパラダイムを簡素化およびサポートするように設計された動的なオブジェクト指向プログラミング言語だ。その設計と哲学は、現代のプログラミング言語に影響を与え続け、現在、世界で最も人気のあるプログラミング言語の1つである。RippleXは今回の発表にともない、ブログの中で次のように語っている。

機械学習に取り組んでいるデータサイエンティストとエンジニアは、Pythonベースのツールキットの一部としてこのライブラリを使用することで、XRP Ledgerの操作と構築がはるかに簡単になるでしょう。


初心者にも優しいxrpl-py

RippleXはJavaScriptJava用のみで、これらは開発者がアプリケーションの作成に使用している可能性のある他のフェブテクノロジーにあまり馴染みがないかもしくはサポートされていない言語に切り替えるか、保存期間が不明なライブラリに依存し泣けてはならない環境であった。しかし今回、新たにxrpl-pyが登場したことで、仮想通貨の初心者でも使いやすいライブラリとして利用できるようになった。なお、xrpl-pyライブラリは次の機能を提供している。

・トランザクションのシリアル化、署名、および送信
暗号化キーの作成 
Xアドレスとクラシックアドレス間の交換 
・残高を含むアカウント情報の取得
・すべてのトランザクションタイプとすべてのコアサーバーリクエストモデルオブジェクト

RippleXによると、新しいプログラミングライブラリの実装と既存のXRP Ledgerとの統合は、新しい暗号開発者の学習曲線を最小限に抑え、より包括的なツールを作成して選択肢を拡大することにより、XRP Ledgerでの開発を促進する」というテクノロジー企業の大きな目標の一部であるとのことだ。

RippleXは、現在機能セットの拡張に取り組んでおり、フレームワークを使用して、将来使用するために他の言語でXRP元帳用のライブラリをさらに作成する予定とのことだ。今プロジェクトは、あらゆるレベルの開発スキル向けに設計されており、初心者と経験豊富な開発者の両方が、構造に比較的精通していることに応じてメソッドと機能にアクセスできる仕様になっているとのこと。

同社は、このプロジェクトが、コミュニティの支援を受けて構築され、コードはXRP Ledgerエコシステムでの活動と開発を促進する独立した非営利財団であるXRPLF(XRP Ledger Foundation)に直接提供されたと主張している。ソースコードは現在、XRPLFの組織リポジトリを通じてホストされている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。