SEC、SimplifyによるバランスエクイティビットコインETFの申請を受理

SimplifyがビットコインETFの申請提出

米国を拠点とする金融サービスを提供する企業Simplifyは、GBTC(ビットコイン・インベストメント・トラスト)を介して株式とビットコインの間で85~15に分割された、新しいSPBC (Simplify Equity Plus Bitcoin)の立ち上げを目指しています。Simplifyは、3月9日にSEC(米国証券取引委員会)の承認を得るために登録フォーム-1Nを提出したことが分かった。

ファンドは、自動的に保持できるビットコイン量を再調整できる。たとえば、GBTCが巨額の利益を上げた場合、SPBCはキャピタルゲイン(※1)を回避するため、ファンドの株式配分のバランスを取り直すというものだ。
(※1)キャピタルゲインとは、債券、株式、不動産などの資産価値上昇によって得られる利益を指す

米国の短期キャピタルゲイン率は、長期キャピタルゲインのほぼ2倍で、同社はファンドを通じて「長期的な資本増価を求める」と目論見書に記載したうえで提出している。これまで、ビットコインは、トップヘッジファンド、大学基金、さらには企業の現金残高の投資ポートフォリオに参入。一方で、小売業者などは取引所を介して資産に直接アクセスできるものの、これらの手段は通常、多くの規制により、グレー領域に分類されている。さらに、一部の従来投資家にとって、仮想通貨ウォレットの管理そのものが負担となり、面倒な側面がある。

SECは、ボラティリティ、相場操縦、流動性の欠如を理由として、純粋な仮想通貨に裏打ちされたETFをブロックしている。そのため、投資信託および年金基金への投資のかなりの部分でビットコインによって得られる利益を逃している。

米国人がビットコインETFにアクセスできる手段の一つが、カナダの3つの製品を使用することだ。カナダの証券規制当局は、3iQPurpose InvestmentsEvolve Fundsによるビットコイン製品を承認している。目的の運用資産(AUM)(※2)は8億8500万ドル、3iQは1億3140万ドル、Evolveは4200万ドルを集めました。隣国からのこれらのオルタナティブ投資はGBTCプレミアムを傷つけました。
(※2)AUM(Assets Under Management)資産運用とは、運用資産残高を指す。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。