BitbankがBAT上場|BitpointではTRXの上場をそれぞれが発表

bitbank(ビットバンク)がBATの取扱いを開始

国内仮想通貨取引所であるbitbank(ビットバンク)(関東財務局長第00004号として登録済み)が、2021年3月17日(水)より、ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)の取扱いを開始することが分かった。

BATは、次世代ブラウザーとして注目されているBraveブラウザーで使用することを目的に誕生した仮想通貨で、ERC-20規格のイーサリアム系トークンである。

通貨ペアは
●BAT/JPY ⇒ 最小注文数量0.0001BAT、最大注文数量1,000,000BAT
●BAT/BTC ⇒ 最小注文数0.00000001BTC、最大注文数量100,000 BAT
となっている。

また、bitbankではBATの取扱いに伴って「暗号資産を貸して増やす」にてBATの募集も同日から開始予定とのこと。この「暗号資産を貸して増やす」は、bitbankとユーザーが、仮想通貨の消費貸借契約を締結し、最大で年率3%の仮想通貨を1年後に受け取る同取引所オリジナルサービスだ。同サービスでは、1年間の満了日を迎えると、募集月にユーザーが貸し出した仮想通貨に、当取引所規定の利用料を加算して返却される仕組みである。

さらにbitbankではBAT取扱いを記念したキャンペーンが開催される予定で、BAT/JPYおよびBAT/BTCの取引手数料無料キャンペーンが開催される。

●キャンペーン開始日:2021年3月17日から
●キャンペーン終了日:2021年6月18日 午前09時59分迄

Bitpoint(ビットポイント)がTRXの取扱いを開始

仮想通貨取引所Bitpoint(関東財務局長第00009号として登録済み)が、日本初となるトロン(Tron/TRX)の取扱いを開始することが発表された。

TRXの取扱い開始は2021年3月17日 AM11:00頃を予定しているが、AM9:00~AM11:00に実施される予定のメンテナンスが終了した後取引が開始されるとのことだ。

トロンはブロックチェーンベースの分散型プラットフォームとして誕生。ユーザーが作成したコンテンツに対して正しく対価が支払われる事を目指し、コンテンツを作成したクリエイターに正しく利益が還元されるような仕組みを構築させ、業界全体が大きく発展することを目指している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。