ビットフィネックス、ついに姉妹会社テザーへのローン返済完了

ビットフィネックスがテザーへローン完済

仮想通貨取引所のビットフィネックス(Bitfinex)は、テザー(Tether/USDT)ステーブルコインの発行者であるテザーに5億5000万ドル、約580億円のローンを最終的に返済した事を発表した。

2018年、テザーは6億ドルを超える仮想通貨取引所を貸与していたが、両社とも同じ所有権と経営幹部を保持しており、NYAG(ニューヨーク州司法長官事務所)による告発から1年後まで公表さていなかった。この件に関して報告書は、ビットフィネックスがクリプトキャピタルコーポレーションとの取引で被った8億5000万ドルの損失をカバーするため、テザーの準備金をひそかに使用していると主張。これに対してビットフィネックス側は、疑惑を払拭させ、ローンをクリアするため、最初の支払いがすでに行われていると述べ、釈明している。

ビットフィネックスのウェブサイトによると、ビットフィネックスが残りのローン支払い要件を満たした後、テザーによって開設されたクレジットラインはキャンセルされ、最終的な返済は先月行われたと発表した。

返済によりテザーの重みが増した

テザーのゼネラルカウンセルであるスチュアートヘグナー氏によると、テザーのUSDTのステーブルコインは2019年4月の時点で74%が法定通貨に支えられていた。

これは、失われた資金をカバーするためにビットフィネックスに与えられたローンによるものだと同氏は述べている。しかし、テザーのバハマに本拠を置く銀行であるDeltecは、テザー(USDT)ステーブルコインは、流通している予備金によって完全にサポートされていると指摘。現在、テザーの時価総額は約283億1000万ドルだ。5カ月前までは、時価総額は現在価値の半分未満であり、現時点では、Deltecはローン返済に関する詳細情報要求に対して沈黙を貫いている。

ビットフィネックスによると、テザーへの以前の支払いは法定通貨で行われたため、USDTトークンの裏付けが増えており、ビットフィネックス公式声明でも次のように述べている。

ビットフィネックスは、テザーの銀行口座に接続された法定通貨で支払いを行いました。

ローンの返済はビットフィネックスにとって良いことであり、ビットフィネックスは何度か自ら弁護してきたものの、仮想通貨取引所は依然としていくつかの訴訟対象となっている。現在、ビットフィネックスは、NYAGの告発に疑問を呈し、取引所に対する提示は誤解を招くと述べている。法廷闘争は現在も続いており、ビットフィネックスはローン返済後の訴訟でより多くの根拠を得ることを望んでいる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。