グッゲンハイム、ビットコイン価格が60万ドルに達する可能性を示唆

グッゲンハイム社がBTC価格を予測

グッゲンハイム(Guggenheim Investments)のグローバル最高投資責任者であるスコット・マイナード(Scott Minerd)CIO(最高投資責任者)は、ビットコインの公正価値の見積もりを引き上げ、同社の研究に基づき、価格が60万ドルに達する可能性があると述べた。

マイナード氏は、2月2日(火曜日)のCNNインタビューン中で、自身が予測するビットコイン価格の予測について話した。マイナード氏は、同社グローバル資産管理および投資顧問部門であるグッゲンハイムインベストメンツの会長でもある人物だ。

金と比較したビットコインの価値

昨年末(2020年12月31日)の時点で、同社の総資産は、債券、株式、および代替戦略全体で2,460億ドル、約26兆円を超えている。より多くの刺激、株式市場のバブル、その他の投機的資産、およびGamestopの物語を背景に、現在の金融政策について議論することから始め、同氏は次のように語っている。

私たちは投機的なバブルの中にいると思います。それはかなり長い間続く可能性があります。

ビットコインに関してマイナード氏は、同社がほぼ10年間仮想通貨を研究してきたことを明かし、市場の規模は、機関投資家の資金を正当化するのに十分な大きさではなかったが、ビットコインの時価総額が大きくなるにつれて面白く見え始めたと述べている。また、ビットコインの価格と評価については、多くの基礎研究をしており、ビットコインの供給を世界の金の供給と比較した場合と仮定したうえで次のように警告している。

ブラックロックやグッゲンハイムなどの大規模な機関投資家からオンラインで提供されている機関投資家のサポートは、現在のレベルでのバリュエーションをサポートするのに十分であるとは思えません。高値から50%後退しており、それが再び起こるのを見て驚かないだろう。しかし、仮想通貨は尊敬の念の領域に入り、世界経済においてますます重要になり続けるでしょう。

金の時価総額を超えるビットコインについて最近話したもう1つの資産運用会社は、One River AssetManagementで、エリック・ピーターズ(Eric Peters)CEOは、ビットコインの価格が500,000ドルを超えると予想しています。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。