Bitstamp、オランダで仮想通貨の引き出しにより厳格なKYC対策を実施

Bitstampがオランダで仮想通貨引き出しにより厳格なKYC対策

ルクセンブルクに本拠を構える仮想通貨取引所Bitstamp(ビットスタンプ)が、オランダのユーザーに対し、これまで以上に厳格なKYC (※1)対策を実施したことが仮想通貨専門海外メディアTheBlockの報道で分かった。
(※1)KYC(Know Your Customer)対策とは、顧客確認のことを指しており、AML(アンチマネーロンダリング)、CFT(テロ資金供与対策)、安全保障貿易管理、贈収賄防止などのリスク対策として、仮想通貨取引所で新規口座開設時などに必要な“本人確認手続き”の総称。

TheBlock によると、2021年1月15日、今回報じられたKYC対策強化を発効。今後、オランダのBitstampユーザーは、KYCルールを満たさずに外部アドレスに仮想通貨を撤回することはできないとのことで、同取引所は次のように述べている。

Bitstampから外部アドレスに仮想通貨を撤回する前に、アドレスをホワイトリストに追加し、本当にあなたのアドレスであることを証明する写真を提供する必要があります。

今後、サードパーティへの直接の引き出しについても、許可されなくなる。ユーザーがこれらの資金を第三者に送金したい場合、Bitstampからウォレットに仮想通貨を撤回しなければならなくなる。この件で同取引所のデーヴィット・オソジンク(David Osojnik)最高技術責任者は次のように述べている。

規制された仮想通貨取引所として、管轄区域の規則とガイドラインに従わなければなりません。オランダの仮想通貨ユーザーの引き出しに関するプロセスに加えた変更は、オランダ中央銀行によって規定された規則に対応しています。この規則は、オランダでビジネスを継続する場合に従う義務があります。

 

中央銀行による規制の厳格化による厳格なKYC対策

オランダ中央銀行(DeNederlandsche Bank)は、昨年からオランダの仮想通貨サービスプロバイダーを監督。当時、仮想通貨会社を登録する必要があり、AML防止および制裁規則に従う必要があると述べている。また、これらの規則に従い、金融機関は、入金と出金の送金を確認し、ヒットした場合はブロックしてDNBに報告しなければならないという。

オソジンクは顧客に対し、次のように語っている。

この状況は理想的ではなく、ユーザーにご迷惑をおかけする可能性があることを認識しています。そのため、規制要件を満たしながら、仮想通貨アドレスの検証を可能な限り簡単にするソリューションを実装しました。

Bitstampは、仮想通貨アドレスの検証を可能な限り簡単にするソリューションを実装するため、同国内のユーザーアカウントの「ホワイトリスト」機能を自動的に有効にしており、仮想通貨を送信する前に、各仮想通貨アドレスをホワイトリストに追加する必要がある。このホワイトリストは、オランダのすべての顧客に義務付けられていると同取引所は述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。