TetherとBitfinex、NYAG前に財務書類作成で30日間の延長を求める

TetherとBitfinex が文書作成で30日間の延長申請

テザー(Tether)とビットフィネックス(Bitfinex)は、NYAG(New York State Attorney General=ニューヨーク州検事総長事務局)前に財務書類作成のために30日間の延長を求めていることが分かった。

テザーとビットフィネックスの両方の親会社であるiFinexIncは、NYAGが提起している進行中の訴訟において、テザーの準備金およびその他の財務業務に関する重要な文書の提出について30日間の延長を申請した。

NYAGが提起した訴訟とは、ビットフィネックスとテザーの両方が8億5,000万ドル、約880億円の資金の不正流用に関与したと主張している問題だ。これは、ステーブルコイン発行者と仮想通貨取引所ビットフィネックスに対する長期の法廷闘争と非難につながっている。

2021年1月19日、ニューヨークの法廷システムに提出された提出書類によると、iFinex Incの法律顧問弁護士は、司法長官事務所(OAG)が要求する文書を作成するため、2020年12月16日に1月15日に設定された提出期限の制定から4日後、さらに30日間の延長を求める裁判所文書を提出している。資料はすでにOAGに引き渡されているが、まだ調達しなければならない「補足の合意された項目」が残っていることから、今秋の30日間のさらなる延長を求めたとみられている。

TetherとBitfinex訴訟問題の概要

ビットフィネックスは、損失を補うためにテザーから8億5000米ドルを借りたと非難されているが、逮捕された際、ステーブルコイン発行者からのローンであると述べている。

訴訟の手続きでは、市場で流通しているUSDTを裏付ける米ドルの準備金に関するテザーの監査報告書も求められた。これは、テザーが100%裏付けられていると主張しているにもかかわらず、ずっと避けてきた問題である。テザーは、2019年に当初100%と主張していたが、USDT供給の100%から74%にひっそり変更し、ドルの準備金に支えられ、残りはビットコインを含む資産の多様なポートフォリオに支えられている。

なお、NYAGによる調査によると、テザーの74%以下が実際の現金準備によってバックアップされていることが以前に明らかにされており、これまでに発行された240億ドル以上のUSDTを止めることなく、依然として毎日最大量の仮想通貨市場のスポット取引に関与している。

ファイリングにはさらなる時間が必要

訴訟の結果、特にiFinexが主要な財務書類を提出する場合、特に米国市場と仮想通貨市場におけるステーブルコインの支配をめぐる競争が激化するなか、仮想通貨市場で重要な役割を果たす。

裁判所側が求めるファイリングは、問題の文書を作成するのにかかる時間に加え、OAGがそれらの重要性を分析するために余分な時間を確保する必要があることが指摘されており、出願は次のように述べている。

当事者は補足情報を作成し、OAGが作成をレビューした後、さらに手続きが必要な場合、話し合いが必要となるため、数週間かかるだろう。

進行中の法廷闘争は2019年4月にさかのぼり、ニューヨーク州司法長官は、ビットフィネックスがテザーから違法融資を受け、8億5,000万ドルの顧客資金の損失を埋め合わせようとしたと主張しているほか、違法な証券提供を行ったとされている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。