イーサリアム不足、48時間で準備金27%急落の仮想通貨取引所

取引所のイーサリアム保有量不足が発生

中央集権型取引所のイーサリアム(Ethereum/ETH)準備金が、2日間で27%減少し、ETHはまもなく史上最高値を更新する可能性があるとアナリストが予測していることが分かった。仮想通貨取引所で保持されているイーサリアムの量は過去2日間で急落。CryptoQuantのデータは、現在、中央集権型取引所の準備金にわずか810万ETHのみ存在することを示している。

デジタルメディアチャンネルNuggetsNews創設者のアレックス・サンダース(Alex Saunders)氏は、1月14日に集中央集権型プラットフォームのイーサリアム保有量が、過去24時間で1,100万から1,000万に10%減少したことを指摘し、次の様に述べた。

取引所は現在のレートで10日以内にイーサリアムを使い果たします。交換は48時間以内に$ ETHから外れる可能性があります。需要は急増しています。外貨準備は過去数時間で1,000万から800万に20%減少。長期的には5,000ドル、10,000ドル、20,000ドルを目標としているため、多くの保有者がETHを1〜2,000ドルの範囲で販売するとは思えません。

このツイート報告を引用し、

ETH保有量減少はクジラの蓄積によるものか

1月15日に、サンダース氏は、イーサリアム保有量減少がさらに20%増加したことを指摘。集中型プラットフォームが今後48時間でETHを使い果たす可能性があることを示唆している

Glassnodeより画像引用

他のデータプロバイダーも、2020年5月中旬に史上最高の14.1百万をタグ付けして以来、為替残高が42.5%減少したことを示している。Glassnodeのデータによると、集中型取引所におけるイーサリアム準備金は、2018年7月以降、それほど低くはない。現時点でイーサリアム循環供給のうち、わずか7%のみ、取引所で保有されている。

サンダース氏は、データを“爆発的な史上最高値更新がイーサリアムに差し迫っている”ことを示唆していると解釈し、次のように述べた。

イーサリアム需要がビットコイン供給を上回った時、何が起こったのかは誰もが知っており、90日で4倍になっている。

取引所からの引き出し急増はクジラによる蓄積を示している。増加は、ステーキング、マイニング、バイヤーがコインを冷蔵倉庫に送るなど、複数要因によって引き起こされる可能性があるが、通常、純預金の安定した流れは、短期的に売却する意欲を示している。その一方で、純撤退は一般的にクジラの蓄積期間に関連している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。