中国警察、PlusTokenから42億ドル相当の仮想通貨を押収=初公開

中国警察、PlusTokenから42億ドル相当の仮想通貨を押収=初公開

中国の裁判所は、過去最悪のポンジスキームPlusTokenの取り締まる際、警察が押収した全ての仮想通貨の内訳を初めて詳述した。TheBlockが報じた。

江蘇省塩城市の塩都区人民法院(裁判所)は11月19日、公開された新しい判決にて、中国警察が押収した全ての仮想通貨に関する内訳を詳述した。詳述で公開された全ての仮想通貨は、約42億ドルの相当の価値を有し、その内訳は19万4,775BTC、8億3,083ETH、140万LTC、2,760万EOS、7万4,167DASH、4億8,700万XRP、60億DOGE、7万9,581BCH、21万3,724USDTとなっている。これらは取り締まり中の7人の受刑者から中国の法執行機関によって押収されたという。

また裁判所は判決の一部として、「押収された仮想通貨は法律に基づいて、その収益と利益は国庫に没収される」と述べている。しかし塩都区人民法院は、押収された仮想通貨がどのくらいあるのか、あるいは処理されるのか、どのような方法で行われるのかについては詳しく説明されていない。

The Blockより画像引用

過去最大のポンジスキームとして知られるPlusTokenの刑事事件は、中国江蘇省塩城市の下級地方裁判所が9月22日、最初の判決を下しており、地元メディアは当時、一連の詐欺スキームの首謀者が200万人以上の投資家やユーザーから500億元(約76億ドル)以上で騙し取ったと報じていた。しかし最初の判決では、数人の受刑者がより高いレベルの裁判所へ控訴を提出していたため、その詳細は公には公開されていなかった。

塩城中級人民法院は、11月19日の最終判決で上告を否定し、刑事事件の詳細を公開した。また新たな判決によると、PlusTokenの運営は、2018年5月に正式に開始され、実態のない仮想通貨のアービトラージ取引プラットフォームを宣伝し、多くの投資家やユーザーへ出金を約束していた。このサービスへ参加するには最低でも500ドル相当の仮想通貨を入金する必要があった。

さらには、2018年4月6日から2019年6月27日までの期間において、3,293階層に渡って、約260万人以上のユーザーを惹きつけたと裁判所は説明。続けて、このわずか1年の期間においてPlusTokenは、31万4000BTC、11万7450BCH、9万6023DASH、110億DOGE、184万LTC、900万ETH、5100万EOS、9億2800万XRP以上を搾取したという。また、2018年5月1日から2019年6月27日までの間の最低価格では、これらの仮想通貨は少なくとも148億元(22億ドル以上)に相当すると裁判所は述べた(現時点の価格では110億ドル以上の価値に相当)。

マネーロンダリングで使用済みの資金も

さらに裁判所は、1人の有罪判決者が1億4500万元以上(約2200万ドル)相当の仮想通貨を中国の人民元にマネーロンダリングすることに成功したことも説明しているが、当局はこのマネーロンダリングされた資金は、首謀者またはその家族によって、高級車、中国の20の不動産、香港の保険契約の購入に費やしており、約1,900万ドルのマネーロンダリング資金の痕跡を特定している。

判決によると首謀者とされる15人は、これまでのところ有罪判決を受けており、2年から11年の禁固刑と10万ドルから100万ドルの罰金が科せられる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。