bitFlyer EUROPE、日本円でのクロスボーダー取引を提供

bitFlyer EUROPE、日本円でのクロスボーダー取引を提供

日本で仮想通貨交換業を提供する株式会社bitFlyerは9月30日より、同社の子会社であるbitFlyer EUROPE S.A.(bitFlyer Europe)との間でクロスボーダー取引を開始することを発表した。これにより仮想通貨取引所bitFlyer Europeを使用するユーザーは、既存アカウントをそのまま使用しながら、BTC/JPYペア取引が可能になる。

クロスボーダー取引とは、国境を超えた事業体が行う取引であり、今回提供されるクロスボーダー取引は、欧州・日本間で開始される。またクロスボーダー取引によって、流動性の向上はもちろん、bitFlyer Europeユーザーは売買価格のスプレッドリスクやスリッページリスクを軽減可能かつ、より安全で円滑な取引が可能になるという。

日本のビットコイン・仮想通貨市場は、世界最大の市場のひとつである。世界のBTC/法定通貨の取引量は20%がJPYに対して取引されており、公式発表によるとbitFlyerはJPY取引量の70%以上のシェアを占め、高い流動性を保持していると述べており、クロスボーダー取引の開始について次のように続けた。

当社は、流動性や暗号資産のラインナップに富んだグローバルな暗号資産取引プラットフォームを各国・地域の法令を遵守した形で構築することを目指してきました。欧州・日本間のクロスボーダー取引の開始は、bitFlyer グループにとって、グローバルプレイヤーとしての地位を強化する上で、重要な第一歩です。

現在、bitFlyerグループは、日本・米国・欧州の3拠点にて金融当局よりライセンス認定を受けており、bitFlyer EUROPEユーザーは、ルクセンブルク金融当局の監督を受ける取引プラットフォームから直接、BTC/JPY取引ペアを取引できる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。