コインベース、DeFiガバナンストークン「YFI」の取り扱い開始

CoinbaseがYFIをリスト

Coinbase.comとCoinbase AndroidアプリとiOSアプリでループリング(Loopring/LRC)とヤーン・ファイナンス(yearn.finance/YFI)をサポート開始することを、サンフランシスコ拠点の仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)が発表した。

LRCとYFIは、アメリカ・ニューヨークを除くCoinbaseがサポートするすべてのリージョンで利用可能になった。なお、この発表は、Coinbase ProがYFIとLRCを上場してからほぼ1週間後に公開されている。

YFIは、dYdX、Aave、Compoundなどのプラットフォーム間でプロバイダーの資金を移動することにより、集約された流動性と自動市場形成をサポートするDeFi(分散型金融)プラットフォームであるyearn.financeのネイティブトークンである。

ユーザーは、yearn.financeの流動性プールに流動性を提供することでYFIを獲得し、プラットフォームガバナンスにもトークンを使用する。一方のLRCは、オープンソースのイーサリアムベースのトークンであり、ユーザーがゼロ知識証明を活用してイーサリアムで非カストダイアルのオーダーブックベースの交換を構築できる非カストダイアル交換プロトコルだ。

CoinGecko Loopring Chartより画像引用

CoinGeckoのデータによると、18日13時の時点でのLoopring LRCは、0.2ドル(約20.9円)前後の価値があり、LRC価格は過去24時間で8%上昇している。さらに、世界最大規模の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)は、現在最も活発な市場取引LRCトークンであると言われている。

Coinbaseでは、ユーザーから聞く最も一般的な要求の1つとして、Coinbaseでより多くの仮想通貨を売買できるようにすることを求められているとブログで明かしており、未リストの仮想通貨のリスト入りを加速させるため、資産を一覧表示するプロセスを2018年に発表している。また、人々が仮想通貨を理解し探求するのに役立つ新しいツールに投資しており、情報資産ページ(ここではLRCとここではYFIを参照)と、コインベースWebサイトの新しいセクションを立ち上げ、一般的な仮想通貨に関する質問に回答する場を新たに設けている。

Coinbaseは、DeFi(分散型ファイナンス)トークンのサポートに積極的に取り組んでおり、現在、yearn.finance(YFI)、Loopring(LRC)、UMA(UMA)、Celo(CGLD)、Numeraire(NMR)、Band(Band)、Compound(COMP)、Maker(MKR)、OmiseGo(OMG)がリスト入りしている。

なお、コインベースの追加は、ユーザードルでトークンを購入できるため、トークンの価値にとって大きな意味をもたらす。YFIはすでにCoinbaseの主要なライバルであるBinanceでリスト入りしているが、ユーザーはビットコインまたは3つのステーブルコインの1つで購入する。コインベースが上場を発表して以降、YFIは取引所で36番目に多く保持されているトークンになった。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!