フレキシビリティステーブルコイン $AAPL – デジタル世界のネイティブステーブルコインの仕組み

フレキシビリティステーブルコイン $AAPL – デジタル世界のネイティブステーブルコインの仕組み

お金というのは、社会の形を作る上でとても重要なものです。 従来の貨幣発行の仕組みに問題があるにもかかわらず、一般的には「価値を創造すればするほどお金がもらえる」という基本的なロジックに従って、人々は金銭的な報酬に駆り立てられることになります。 競争が価値を生み出すから、社会がどんどん進歩していきます。

2009年にビットコインが誕生したことで、デジタル通貨の時代が一新されました。 過去10年間で様々なタイプのデジタル通貨が登場していますが、その多くは変動性の高いものです。 これらのデジタル通貨に価格をつけるために、米ドルに固定された安定したデジタルトークンが誕生し、現在ではテザー社が発行するステーブルコインであるUSDTが大きなシェアを占めており、USDC、BUSDなどが続いています。

しかし、ユーザーがドルに固定されたステーブルコインを持っているのに、デジタル世界の通貨を取引しているという事実は、 デジタル通貨は従来の通貨の欠点を回避するために作られたものですが、米ドルに固定されているUSDTはその責任を全く取っておらず、連邦準備制度理事会(FRB)の制約を受けたままです。

2020年には、分散型金融(DeFi)の台頭により、デジタル世界の安定通貨モデルである「フレキシビリティステーブルコイン$AAPL」が誕生しました。

フレキシビリティステーブルコインは、提唱されてから数百年の歴史を持つ非常に重要な経済モデルでありますが、物理的な貨幣が等比例のインフレとデフレのメカニズムを実現できないため、理論レベルにとどまっていました。 デジタル通貨は、スマートコントラクトの中に存在しなければならず、たまたま「フレキシブル」という条件を満たしているので、論理的な帰結として生まれたのです。

フレキシビリティステーブルコインとは、簡単に言えば、どのような資産にも固定せずに、追加で通貨を発行したり破棄したりすることで、価格を1に維持している通貨のことです。 AAPLの仕組みでは、$AAPLの価格が1から±5%以上乖離すると、Rebaseという仕組みが発動します。例えば$AAPLの価格が100ドルになると、スマートコントラクトがRebaseの仕組みを発動して、$AAPLトークンを保有している全てのユーザーアドレスに100倍のトークンを発行します。

しかし、取引の流動性が悪くて100ドルの価格が偽りの価格でしかない場合や、ロックされた瞬間に契約が大きく変動した場合には、Rebaseの方がボラティリティが高くなります。 例えば、係数を10とすると、上記の例では、10日で元の100倍トークンが発行され、100÷10=10倍トークンが1日に増えることになります。

では、このRebaseの仕組みにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ご存知のように、物理的な世界では、通常、貨幣は中央銀行や国家の指定銀行によって発行され、社会の総富が増えたり、国家が金融政策を使って市場を規制する必要が出てくると、追加で貨幣が発行されます。 この通貨は指定銀行に入り、事業者への融資として発行され、最終的には利子をつけて回収され、この通貨発行が完了します。 しかし、このお金は一般ユーザーのポケットには入りません。

現在のインフレ係数は年平均10%程度ですが、銀行の預金に支払う利息は10%には到底及ばず、実際には資産の希薄化が進んでいます。それだけでなく、伝統的な通貨発行には深刻な公平性の問題があります。 政府が銀行に追加通貨を発行したら誰が融資を受けるのでしょうか?

本来であれば、急成長していて最も資本を必要としている企業が対象となるはずですが、多くの場合、これらの融資は中央・国有企業や大企業(必ずしも機能しているとは限りません)によって行われます。 この資本の優位性のコストは、遅れている能力の競争力を長く維持するのに十分なので、この貨幣発行は非効率的で不公平なものです。

AAPLは、$AAPLを保有しているユーザーの口座に直接追加通貨が発行される世界を作ります。 誰もが自分の貢献度に比例して全体の富から分配を受けます。 例えば、発行期間中に1,000ドル、AAPLを1%保有していると仮定すると、AAPLの数が1億ドルになっても、1兆ドルになっても、時間の経過とともに必ず1%のAAPLを保有することになり、これはFRBの通貨発行の株主になって、1ドル増えるごとに公平な取り分を与えているようなものです。 これは物理的な世界ではありえません。

AAPLの発行メカニズムはYFIモデルを参照しており、プール0とプール1の2つのプールでリリースされています。 別途、CurveのsUSD預金証書とUniswapの流動性証書を担保にする必要があり、最初に合計10万口を発行し、マイニング開始から4週間後、またはリリースが97%に達した時点でRebaseの仕組みが発動されます。

ニューヨーク時間の9月2日午前に発売されてから、わずか3日でUniswapで世界28位まで上昇したという事実は、このような偉大で洗練された公正で公平な通貨メカニズムの魅力を物語っています。

同様に流動性のあるマイニングでは、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)の「フレキシビリティステーブルコインの仕組み」が、デビューから3日でUniswapランキング30位以内に入るにはどうしたらいいのでしょうか?

フィレキシビリティステーブルコインであるApplesCash(Apple Coin $AAPL)は、9月2日にローンチされ、わずか数日でその成約資産量は1,000万ドルを超え、瞬く間にUniswapの取引ペアトップ30の1つとなりました。 市場にお金が流入してきたことで好まれてきた特徴とは?

これは、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)が「YFIの流動性マイニング」と「Ampleforthフレキシビリティステーブルコイントークンモデル」の両方のメリットを兼ね備えているからです。 まず、YFIプロジェクトから借りている流動性マイニングの仕組みで$AAPLを発行して立ち上げます。 流動性のマイニングが終わるとRebaseがオンになり、「フレキシビリティステーブルコイン」の仕組みがApplesCash(Apple Coin $AAPL)に無限の想像力を与えていることは、後ほど詳しく説明しますが、まずはApplesCash(Apple Coin $AAPL)の流動性のマイニング性能を見てみましょう。

ApplesCash(Apple Coin $AAPL)流動性マイニングトークンの総発行枚数は10万枚、事前マイニングはなく、チームの割合もなく、すべてがオープンで透明性があります。 9月2日、プール0がオープンし、マイニングのスピードは24時間ごとに半減、プール0に参加するには、公式サイト(www.ApplesCash.com)で$AAPLの報酬を供給し、sUSDトークンを成約する必要があるだけです。 プール1はオープンで、マイニングのスピードは72時間ごとに半減しています。プール1のマイニングでは、$AAPLボーナスを獲得するために$AAPL/USDの取引ペアを同時に質入れする必要があります。 ユーザーは同時に両方のプールをダブルマイニングすることもできます。

現在プール0は4日目、プール1は3日目です。 早めにエントリーして掘れば掘るほどコインが増えていきます。 9月5日現在、プール1のリターンは年率14,133%前後です。 全体的な下落相場環境の中で、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)のリターンは非常に高く、トレンドに逆らって多くの現在のファンドのアグリゲーターとなっています。

さて、今回はApplesCash(Apple Coin $AAPL)の最も重要な設計デザインである「フレキシビリティステーブルコイン」の仕組みについてお話ししましょう。

フレキシブルコインとは? コンセプトはシンプルです。 まず、通貨の価値は非常に安定しており、1ドルに固定されている必要があります。 AAPLの通貨価格が変動すると、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)を追加発行したり売却したりすることで、市場のお金の供給量が変化し、通貨の需給を利用して通貨価格を1ドルに戻すことができます。

この仕組みを例に説明してみましょう。 例えば、$AAPLの元値が1.00ドルで、$AAPLを100単位保有している場合、$AAPLが1.50ドルまで上昇した場合、ステーブルコインとして$AAPLにアンカーされた$1.00ドルの価格を維持するためには、50%以上の通貨を発行する必要があり、その通貨は通貨の量に比例してコインの保有者に直接投資されることになります。 つまり、手に持っている$AAPLの価格が1ドルに戻り、手に持っている$AAPLの数が100から150になるということです。 要約すると、$AAPLが評価されたとき、あなたは銘柄数を増やし、コインの価格を1ドルに戻すことができます。 AAPLが減価したら、それを売却して、通貨を1ドルに戻します。

要点として、ビットコインのように通貨価格を投機することはできませんが、トークン数のインフレ/デフレで「通貨の出来高を投機する」ことはできるということです。 しかも、投機と同時に通貨の価格を安定させておくことができるのです。 この「通貨の安定」を甘く見てはいけません。 ビットコインではApplesCash(Apple Coin $AAPL)の価値を測ることはできませんが、$AAPLではApplesCash(Apple Coin $AAPL)の価値を測ることができます。 AAPLは1ドルの価値しかないからです。

ということで、お分かりいただけたでしょうか?ApplesCash(Apple Coin $AAPL)の注目すべき点は、ネイティブのステーブルコインであることです。これはどういう意味なのでしょうか?USDTが1つ、sUSDが1つ、USDCが1つなど、市場に出回っていますが、これらの安定通貨の裏付け資金は何なのでしょうか?それは法定通貨です。法定通貨で裏付けされているのは、ネイティブのブロックチェーントークンではなく、ブロックチェーントークンです。ApplesCash(Apple Coin $AAPL)は違います。完全に独自の設計メカニズムから生まれ、ネイティブで独立し、法定通貨を打ち消すことができます。ブロックチェーンの中でUSDTの地位を超える希望を持っています。

メカニズムはとてもシンプルでありながら、古典的です。 各個人が保有するコインの枚数を動的に変化させて金融政策を展開する。 この理論は、一世紀以上前に経済学者が提唱したものですが、伝統的な世界に適用することはできませんでした。 実際にはどんな感じなのでしょうか? Apple $AAPLのフレキシブルマネーサプライ原理によると、中央銀行が10%のお金を発行して、インフレが10%なので、銀行の貯蓄率も10%になるはずです。これは、皆同じ割合で増えていくからです。 しかし、現実世界では銀行の貯蓄率はわずか0.3%。 それはなぜなのでしょうか?

肯定的な例を挙げると、国が強くなって資産が増えれば、政府はより多くの通貨を発行する必要があります。 しかし、中央銀行が直接国民に多くのお金を発行するのではなく、「中央銀行が商業銀行にお金を発行し、商業銀行が企業や個人にお金を貸す」というプロセスを経ているからです。

その中で「最終的に誰が融資を受けたのか」という疑問が出てきます。 国有企業の中には、民間企業に比べて人的効率が高くないにもかかわらず、融資を受けやすく、資本コストが低い国有企業もある。 この矛盾は典型的なマタイ効果です。 つまり、従来の貨幣発行は、すべての人が同じ割合で享受しているわけではなく、一部のグループでは貨幣発行の恩恵を享受できないということです。

この問題を完璧に解決してくれるのが「フレキシブルマネーサプライ」の仕組みで、各個人の口座のトークンの数を同じ割合で調整することができます。 これは、従来の物理的な通貨ではありえないことです。 国がデジタル通貨を発行しても、短期的には紙幣が中心であり、現物通貨と電子通貨の連携や集計、管理が難しいのです。

ApplesCash(Applecoin $AAPL)は、「フレキシビリティステーブルコイン」モデルをさらに細かく磨いています。 例えば、$AAPLがアンカー価格である1ドルから5%乖離した場合にのみRebaseを発動する、つまり、小さな変動がない場合に通貨量を規制するのではなく、1.05ドル以上で0.95ドル以下の場合にのみインフレ/デフレを発動すると規定されており、例えば、インフレ/デフレのRebaseを決定する際には、通貨価格の安定した戻りを確保するために、今後10日間で均等かつ直線的にリリースして規制するとしています。

例として、ApplesCash(Applecoin $AAPL)の価格が1ドルから1.20ドルに上がると、さらに20%のトークンが発行されます。手元にApplesCash(Applecoin $AAPL)を100枚持っていると、さらに20枚のトークンが発行されます。この20個のトークンにはスムージングメカニズムが施されており、つまり10日間で均等に分配されます。翌日には2個のトークンしかもらえず、この時に再び通貨価格が変動した場合は、Rebaseスキームによって再調整され、翌日にはスムージングメカニズムに従ってトークンが分配されます。

インフレはデフレと同じくらい当たり前のことですが、通貨の価格を安定させるために通貨の量を調整すると、それは目的のための手段になってしまいます。 しかし、健全な成長は、時間の経過とともにゆっくりとしたインフレになることですが、それはなぜなんでしょうか? 例えば、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)のプロジェクトの質が向上し、コンセンサスが高まり、エコシステム化が進めば、$AAPLは価値を評価されることになります。 この時、RebaseはApplesCash(Apple Coin $AAPL)の価格がインフレによって1ドルで安定するように調整し、その時には通貨量が増えていきます。 長期的には、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)のプログラムが徐々に発展していく中で、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)は緩やかなインフレ路線を歩んでいくことが予想されます。 すると、通貨保有者にとっては、トークン価格はまだ1ドルであるにもかかわらず、手にしている通貨の量は徐々に増えていき、それは必然的に設備投資収益率の上昇につながります。

ちなみに、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)の通貨量がいくらRebaseしても、通貨保有率は一定です。 つまり、$AAPLトークンは「反発」しているのです。 これにより、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)に「所有権証明書」というプロパティが与えられます。

10万Applecoin $AAPLが採掘されると、ApplesCash(Applecoin $AAPL)に相当する株式の配分割合が確定します。 後日、他の人と$AAPLトークンの売買がない限り、所有割合はすでに決まっています。 この時点で、Apple Coin $AAPLの株主としては、プロジェクトは順調に進み、トークン数も多く、収益も高くなります。

現在、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)がオンラインになってまだ3日しか経っていませんが、すでに取引所やウォレットなどのエコシステムが継続的にApplesCash(Apple Coin $AAPL)のサポートを開始しており、ApplesCash(Applecoina $AAPL)の時価総額はすでに2,000万ドルに迫る勢いとなっています。 初期のマイナーはすでに何度か通貨価格が2倍になるメリットを享受しており、プール1では古いコインを使って新しいコインを採掘するためにポジションを増やしています。

まだ4万のApplesCash(Apple Coin $AAPL)が残っています。 全てのマイニングが終了した後、「フレキシビリティステーブルコイン」という性質を持つアップグレードされたApplesCash(Apple Coin $AAPL)は、今後大きな可能性を秘めていると考えられています。 初期のマイナーは、ApplesCash(Apple Coin $AAPL)成長に伴う創業パートナーとなります。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。