テザー(USDT)、OMGネットワークで正式稼働

テザー(USDT)、OMGネットワークで正式稼働

最も有名なステーブルコインのテザー(Tether / USDT)がOMGネットワークと統合され、正式に稼働したことが発表された。

これによりテザー保有者は、トランザクション速度の向上や、イーサリアムネットワークの混雑とガス料金を削減するために構築されたOMGネットワ​​ークでの取引の利点を享受することになる。また確認時間も短縮され、支払い速度が向上、チェーン上のセキュリティを損なうことなく手数料が削減されるという。

また、仮想通貨取引所BitfinexのPaolo Ardoino CTOは、同プラットフォーム上でUSDT入出金をOMGネットワークがサポートし、トレーダーのアービトラージを促進すると説明している。今回のOMGネットワークとの統合についてテザーは、公式ブログで次のように述べた。

テザーとOMGネットワ​​ーク間の統合により、確認時間が短縮され、より高速な支払いが実現しますが、チェーン上のセキュリティを損なうことなく料金が削減されます。

仮想通貨取引所GMOコイン、OMG(オーエムジー)を販売所・FXで取り扱い開始

2020.07.22

またOMGネットワークのVansa Chatikavanij CEOは、「決済前にトランザクションをバッチ処理するイーサリアムのレイヤー2ソリューションとして、イーサリアムの3分の1のコストで数千のトランザクションを処理できる」と述べており、既に発行されているイーサリアムよりコストも安く、トランザクション処理速度が速いことを示した。

USDTは現在、今回発表されたOMGネットワーク以外にも、Ethereum(イーサリアム)、Omni(オムニ)、Algorand(アルゴランド)、EOS(イオス)、Liquid Network(リキッドネットワーク)、Tron(トロン)のネットワークも利用されており、USDTの発行は様々なネットワークに分布している状況だ。

最近では、イーサリアムGas(ガス)が市場最高を更新し続けており、DeFi (Decentralized Finance=分散型金融)が主な要因として取引手数料が高騰している。もちろんDeFiの急激な成長だけではなく、ポンジ・スキーム(Ponzi scheme=詐欺の一種)の類も要因の一つとして考えられており、今年7月のガス料金の約5,600 ETH、総消費量の約10%を占めている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。