フランス金融規制当局(AMF)が、国内初となるICOの申請を承認

フランス金融規制当局(AMF)が、国内初となるICOの申請を承認

19日、フランスの金融規制当局であるAMF(Autoritedes Marches Financiers)は、国内初となるイニシャルコインオファリング(ICO)の申請を承認した。

承認されたICOは「French-ICO」という企業で、ホワイトリストに登録された最初の企業となる。「French-ICO」は暗号通貨プロジェクトに資金を提供するプラットフォームを開発している。

ICOの有効期間は2020年6月1日に予定されているサブスクリプション期間の終了までとされており、AMFは「トークン発行者ではなく”ICO提案のみ”を承認する」と説明している。

AMFは今年初めに3~4社のICO候補者との協議を重ねていると述べていたが、その中の一社である「French-ICO」に決まった。

フランスの暗号通貨に関する法律「PACTE法」では、ICOのトークン発行者が提案されたICOに関するすべての関連情報を含む文書を提供する必要がある。さらに情報文書とICOに関するマーケティング資料は、投資家がオファーに関するリスクを理解できるように正確でなければならない。

また、AMFはICOに限らず暗号通貨取引所、カストディアンなど他の暗号通貨関連の企業にも関与しているようだ。
今回の承認によって、フランスの暗号通貨市場が大きく盛り上がりそうだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。