「UAEは、次のウォールストリートになる可能性がある」

「UAEは、次のウォールストリートになる可能性がある」

10月22日〜24日にドバイで第13回世界ブロックチェーンサミットが開催され、ブロックチェーンと暗号のトップパイオニア、業界の専門家、投資家、ソリューションプロバイダー、スタートアップを含む650人以上の参加者が集まった。

ドバイのWBSはLEAD Venturesと共同で組織されており、サミットには会長であるH.H.シェイク・スルタン・ビン・アブドラ・ビン・スルタン・アル・カシミや、CEO兼マネージング・ディレクターのモハメド・アル・バンナ、およびLEADベンチャーズの戦略的パートナーシップのアソシエイト・ディレクターであるファリス・M・アル・タタムーニらが出席した。ドバイブロックチェーンセンターのCEOであるMarwan Alzarouni博士とリトッサファミリーオフィスの会長であるAnthony Ritossa Nick Spanos氏は、サミットの講演で以下のように述べている。

「ドバイでは、政府が業界と協力しておりビットコインおよびブロックチェーン企業には多くの希望があります。彼らが進むべき道を続ければ、アラブ首長国は次のウォール街になると信じています。」

また、起業家であるMru Patelはステーブルコインの将来に関するケーススタディについて「世界のリテール銀行の少なくとも50%と、従来の小規模取引所の多くは消滅します。そしてブロックチェーンは、これを非常に高速に実現するでしょう。」と述べている。

UAEは、GCC地域における革新の最有力地であると見なされており、ワールドブロックチェーンサミットでは20のスタートアップに対して、グローバル投資家とのマッチングプラットフォームを提供している。今回で13回目を迎えた世界ブロックチェーンサミットであるが、ブロックチェーンスタートアップや投資家にとってドバイの地はますます魅力的になっているようだ。

この記事のURLをコピーする
この記事のURLをコピーする