中国政府、ブロックチェーン・ビットコイン・イーサリアムに関する25本のビデオを公開

中国政府、ブロックチェーン・ビットコイン・イーサリアムに関する25本のビデオを公開

中国共産党中央宣伝部(CCPPD)が、一般の人々を教育することを目的としてブロックチェーン技術に関するビデオを25本公開した。中国政府機関であるCCPPDが公開したビデオの内容は、ブロックチェーンはもちろん、ビットコインイーサリアムに関する情報も含まれているという。

中国政府は2019年に突入し、ブロックチェーンに関する情報の提供と、一般の人々に対する教育コンテンツの取り組みを強化している。公開された動画のラインナップは以下の通りだ。

  • ブロックチェーン技術の紹介
  • コンセンサスアルゴリズムの仕組み
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • スマートコントラクト
  • ブロックチェーンプログラミング
  • ブロックチェーンベースのセキュリティ
  • ビッグデータ
  • その他

これらのビデオシリーズは、ブロックチェーン分野において完全に知識のない人々を対象に作成されているが、同分野の知識が豊富な人々へも広範囲な教育サポートを展開している。これらの中国政府による熱心な教育サポートは、中国国内がブロックチェーン・仮想通貨にオープンな状態であることを示している。

中国政府が加速させるブロックチェーンの領域

中国の習近平国家主席は先月24日、中国共産党の政治局委員会の会合にて、「ブロックチェーン技術を促進し、推奨していく」と発言したことから、同国においてブロックチェーン技術の関心が高まっている。その証拠に、翌日には中国のブロックチェーン技術をはじめとした関連株が高騰。上海と深セン市場でストップ高となっていた。

さらには中国証券監督委員会の前会長副会長である江陽氏が、「四川省はブロックチェーンとデジタル分野でのサポートをするために、安価な水力発電を引き続き活用すべき」だと指摘している。

これらの活動や状況が過発化すれば、ブロックチェーン領域において中国は、世界をリードするブロックチェーン先進国になる可能性が高そうだ。

[copy_btn]

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。