ビットワイズはビットコインETF非承認も、前向きなレポートを更新

ビットワイズはビットコインETF非承認も、前向きなレポートを更新

多くのビットコインETFが非承認となってる仮想通貨市場では先日、期待されていたBitwise(ビットワイズ)とNYSEアーカ取引所(NYSE Arca)が共同で提出したビットコインETFの申請を、米証券取引委員会(SEC)が拒否。そして今回、ビットワイズはSECによって承認拒否されたビットコインETFに関する、レポートを発表した。

Twitterにて発表されたレポートでは、「SECはビットコインETFを非承認とし、112ページのファイリングを発行した。」とツイートされ、報告されたツイートは全部で8つに分けられ報告された。

まずはじめに、ビットコインETFが非承認された事実と、なぜ非承認される前に、申請の取り下げをしなかったのかという内容について「申請を取り下げることができたが、あえてそれをしなかった。」と説明した。またこれに続けて、ユーザーから寄せられた4つの質問について回答した。

SEC、ビットワイズのビットコインETF提案を拒否

2019.10.10

4つの質問に対する回答

A.不承認の問題は何ですか?

問題は既知の問題です。市場操作と監視に関する懸念です。私たちはこれについて楽観的であり、過去2年間で市場がこの分野でどのように成熟してきたかを楽観しています。しかし、まだやるべきことがあります。スタッフが分析の一部について批判を呼んでいることを認めたい。聞くのは難しいが良い点。フィードバックをお待ちしております。

B.これはなぜポジティブなのですか?

SECの責任は、投資家を保護することです。公的な規制されたETPへの旅では、考えられるすべての懸念を精査する必要があります。これが進捗状況です。この順序は、克服する必要がある問題に詳細と明確さを追加します。最初のETP(債券、金、非透明、レバレッジ)の承認に至るまでに数年かかりました。重要なのは、SECが時間を投資し続け、Bitwiseのような企業が分析を提供し続け、業界が成熟し続けていることです。

C. Bitwiseは何をしますか?

旅は続きます。私たちは、業界とその進展に光を当てるデータと分析を提供するために、引き続きSECと連携することにコミットしています。現在、112ページに焦点が当てられています。適切な時期にファイルを再提出します。

D.読者は何ができますか?

私たち全員が、この新しい資産クラスがその可能性にまで成長するのを支援するという、大小さまざまな役割を担っています。ネットワーク内のベストプラクティスを推奨します。悪い行動を批判します。プロジェクトに貢献することを続けてください。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。