米仮想通貨取引所コインベース、Xapo(ザポ)のカストディ事業を58億円で買収|世界最大の仮想通貨カストディに

米仮想通貨取引所コインベース、Xapo(ザポ)のカストディ事業を58億円で買収

15日、米国の大手仮想通貨取引所コインベースが、ウォレットスタートアップのザポ(Xapo)の法人向け仮想通貨カストディ(保管)事業を5500万ドル(約58億円)で買収したことを報告した。今回の買収により、コインベースは世界最大の仮想通貨カストディアンになったという。

コインベースは6月に13億ドル(約1400億円)の預かり資産(AUC)を保有していると報告したばかりだが、新たな買収により50億ドル(約5500億円)が加わり、仮想通貨カストディ業務における預かり資産は70億ドル(約7400億円)となった。

 ザポは香港を拠点に置く企業で、ウォレット事業のほか、仮想通貨カストディ事業を手がける。コインベースのザポ買収は、今年5月に買収交渉中の報道が出ていた。

 複数メディアの報道によると、ザポの顧客の大半は、資産をコインベースに移動させることに同意しており、これによりコインベースは51万4000BTCのビットコインを管理下に置くことになる。さらに残りの顧客資産も移すことに同意が得られれば、コインベースは合計で86万BTCのビットコインを保管することになる。86万BTCは、ビットコイン供給量の約4%に上るという。

 コインベースのブライアン・アームストロングCEOは、今後5年以内に仮想通貨を使った新たなサービスを投入していくと述べており、今回のカストディ事業買収で新サービス投入に弾みをつけていくことが予想される。

この記事のURLをコピーする