仮想通貨ライトコインCEO、「ウォーレン・バフェットを説得するのは不可能である。」

仮想通貨ライトコインCEO、「ウォーレン・バフェットを説得するのは不可能である。」

7月25日に開催することが明らかになっているウォーレン・バフェット氏と、仮想通貨TRONの創設者ジャスティン・サン氏とのランチに関して、仮想通貨ライトコイン(LTC)の創設者であるチャーリー・リー氏は「彼(ウォーレン・バフェット)を説得するのは不可能である。」と発言していることが明らかになった。
ウォーレン・バフェットのチャリティーランチの同行者の一人目としてジャスティン・サン氏は今年6月、チャーリー・リー氏を招待したと明らかにしていた。

今回、ポッドキャストにて行われた発言では、仮想通貨ライトコインに関して、いくつかの発展や技術などの話をしたのち、ウォーレン・バフェットとのランチのゲームプランに関する話題に移行。以下のように述べている。

「彼を説得することは不可能です。彼はテクノロジ関連のものには投資していないので、ビットコインには参加していないし、そうなることもないでしょう。そしてそれはまったく驚くべきことではありません。」

また、以上の話題に続いて仮想通貨の話題の渦中にあるフェイスブックの仮想通貨リブラについて、次のように発言している。

「仮想通貨(リブラ)として販売されているFacebookのクレジットである。しかし、どうやらその背後にブロックチェーンはありません。」

7月25日に開催されるランチの場所などは決まって入るものの、チャーリー・リー氏以外の参加者に関する情報は明らかになっていない状況である。

TRONのCEO、ウォーレンバフェット氏とのランチ場所を変更|ランチ開催日は「7月25日」に開催

2019.06.13

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。