「ビットコイン価格は来週2万ドル、年末には10万ドル」アナリスト見解

「ビットコイン価格は来週2万ドル、年末には10万ドル」アナリスト見解

ビットコイン価格は今日日本時間早朝に一時13,800ドル(およそ150万円)に到達し、直後12,000ドル台まで急落した。この急落は米仮想通貨取引所コインベースのアクセス障害が原因とされている。

ビットコインが早朝に暴落も、直後に13,000ドルまで回復|コインベースのアクセス障害による暴落か

2019.06.27

このような急速な動きが活発になると、ビットコイン価格20,000ドルが視野に入ってくると、SNSトレード最大手eToroのアナリストSimon PetersはCCNに語った。

Facebookが暗号資産の世界に進出したことに一部支えられ、ビットコインの価格が現在の軌道を維持していれば、今後7~14日以内に史上最高値の2万ドルに達する可能性があります。

さらにピーターズ氏は、機関投資家の関心が高まる中で、ビットコインにはさらなる上昇の余地があると推定している。

今回の上昇について興味深いのは、前回の最高値以前ほど個人投資家による燃料が供給されていないということです。Googletrendの過去データを見ると、「buy bitcoin」というワードの検索数が2017年と比べると上昇していないという事実は、個人投資家が市場に参入していないということを示唆しています。

個人投資家がまだ市場に参入していないということは、機関投資家が注目しているということを意味するため、今後の暗号資産にとってはいい兆候です。

ピーターズ氏は、ビットコイン価格は途中引き戻しがあったとしても、機関投資家の資金流入に押され、年末までに6桁までいく可能性があると述べた。

ビットコイン価格は修正が見られる可能性があるが、非常に肯定的な状況で今年の上半期を締めくくる軌道に残っています。
今年ビットコインは5万ドル、さらには10万ドルに達する可能性があるでしょう。

ビットコインは歴史的に見ても、30%の引き戻しの後に150%以上跳ね上がるという驚くべき傾向がある。
ピーターズ氏の予測は現実味がないと感じるかもしれないが、決してあり得ないことではないだろう。