ベネズエラ政府発行のPetroにさらなる動きが

ベネズエラ政府発行のPetroにさらなる動きが

ベネズエラの大統領ニコラス・マドゥーロは、5月20日の国民議会選挙に先立ち、政府発行の仮想通貨であるペトロによって資金提供された資金で「青年銀行」を立ち上げました。

ペトロは、アメリカの大統領命令により厳しい監視を受けています。しかし、それとは裏腹にマドゥロ氏はロシアとの提携を交わしています。

国の石油に裏打ちされた仮想通貨であるペトロは資金調達が本当にされたかどうかすら定かではありません。

現在のベネズエラの経済は暴落しており、国民の仮想通貨ペトロに対する意見にも賛否が分かれています。

マドゥロ氏は、この書面では不透明な方法で機能する銀行、新しい銀行を支えるためにペトロで10億ドル以上の資金が使用されると指摘しました。

そして、ペトロは議会のような政府の支店間で分裂的な問題であるが、マドゥーロ氏は別の州のICO(イニシャルコインオファリング)を検討しており、トランプ政権は米国市民と企業にペトロのいかなる側面にも参加しないよう公に命じています。

運営の見解

運営の堀口
初の国家がICOを実施したことで話題となっているベネズエラが発行するトークン「Petro」は名実ともに法定通貨を目指し、動き始めています。

紛争が続き、経済が破綻寸前ですが、仮想通貨の存在によって復活すれば世界へ暗号技術の普及が一気に加速するでしょう。

アメリカにとってはこのレジスタンスを弾圧したい意向ですが、仮想通貨が金融商品ではなく、実需としての普及が進むことは大いに歓迎、「Petro」がどのように世界へ影響を及ぼすのか非常に興味があります。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)