【仮想通貨取引所】Biboxの特徴・詳細

取引所とは

仮想通貨を取引するうえで、仮想通貨を「売りたい人」と「買いたい人」を繋げるための仲介サービスプラットフォームのことです。

仮想通貨を自分が買いたい時に、売る人を自分で探すのは大変な作業になります。

そこで取引所を利用することでその手間を省き、「売りたいひと」「買いたい人」をマッチングさせることができます。取引所はこの仲介に手数料を付けることで利益を得るシステムになっています。
仮想通貨を購入する方法は他にもありますが、取引所を利用することは初心者にとっても、現在、仮想通貨トレードをしている人も一番簡単にな手段の一つです。

注意すべき点

仮想通貨の取引所を選ぶ上で注意する点をお伝えしておきます。

  1. 手数料の安さ
  2. 仮想通貨の種類の豊富さ
  3. 取引所の信頼性

仮想通貨を預けることになる取引所では使いやすさはもちろんのこと機能性や、安全性も注意して使わなければいけません。
また、取引所により自分の欲しい仮想通貨を扱っていない取引所もありますので、下記の一覧を見て選びましょう。

Bibox

Bibox基本情報

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする40種類以上
  • 取引手数料    : 0.1%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

 

Biboxは、2017年11月にオープンした、中国の取引所です。
中国の取引所といえばBINANCEが真っ先に思い浮かびますが、他にはないコインの取扱も豊富で手数料も安いことから、
現在人気上昇中の取引所です。

またオープンして間もないのですが、取引所の出来高ランキングは2018年4月時点でなんと18位。
注目度の高さが伺えます。

Bibox取引銘柄

 

Biboxで取り扱っている通貨は、約40種類以上でBTCやETHをはじめとした主要コインはもちろん、
日本では購入出来ないアルトコインも取り扱っています。
またBibox Tokenという取引所トークンも発行しており、今後の発展に注目したいところです。

Biboxの特徴

まだまだ成長過程にあるBiboxですが、出来高からみてもかなりの注目度がある取引所です。
その特徴として、取引手数料の安さがあります。

手数料0.1%はおそらく世界の取引所からみてもかなり安いというか、世界一安いのではないでしょうか。
さらに独自トークンのBibox Token(BIX)を保有していると、さらに半分の手数料(0.05%)で取引が可能になります。

また創業に、OKCoin共同設立者、Huobi.comのコア創業メンバーが加わっているので、今後の発展にかなり期待が持てるでしょう。

Bibox取引所の口座開設

初期画面では言語が中国語なので、英語に設定する事をオススメします。

  1. トップページ右上の「Sign up」をクリック
  2. メールアドレス、パスワード、再確認用パスワードを入力
  3. Click to passをクリックし、サインアップ
  4. 登録メールアドレスに確認メールが届くので、メール認証をして完了。

以上で口座開設は完了です。

セキュリティの安全性を向上させるために必ず2段階認証を行ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)