一時停止していたEOSブロックチェーンが再稼働

16日に技術的問題により一時停止していた、EOSブロックチェーンですが、17日に再稼働されました。

正式な稼働開始からわずか約48時間ほどで、EOSブロックチェーン上において、フリーズを引き起こす問題が発生したとされている。
EOSメインネットのステータス追跡専用テレグラムでは、この休止を受け問題の検出及び修復のための会議を行ったと報告した。

その約4時間後、メインネットが復旧したことを発表。

メインネットローンチ直後は$15ほどまで高騰していたが、その後は低調な相場が続いているEOS。

今後もトークンエアドロップなど控えていて話題には事欠かないEOSだが、今回の件で不安視される声も上がっている。

運営の見解

運営の椎木
EOSはメインネットローンチして、すぐに不具合で止まってたみたいですが、すぐに復旧したみたいです。
過去最大の金額を集めて、各大陸のプロフェッショナルをEOSのブロックプロデューサーとして巻き込んでいるプロジェクトなので、何かあっても対処する人たちが多いというのはいいことだと思います。
まだまだ始まったばかりですが、これからどのように広がりを見せるか注目していきたい通貨です。
EOSチェーン上でのICOやAirdropも増えてきているので、そこにも注目してきましょう。
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。