コソボ北部の無料電力により、ビットコインマイニングが盛んに

コソボ北部でビットコインマイニングが盛ん

1999年のコソボとセルビア間の紛争終結以降、この地域の人々は電気代を払っておらず、主にセルビア人が住むコソボ北部で、ビットコインマイニングが盛んに行われていることが分かった。

2017年にビットコインの価値が急速に上昇し始めて以降、コソボのマイナーと仮想通貨投資家の数は年々増加している。BIRN(バルカン調査報告ネットワーク・コソボ)は5月12日(水曜日)、無料の電気で、仮想通貨マイニングは儲かるビジネスであり、地下室、ガレージ、その他の空きスペースを仮想通貨マイナーに空きスペースを借りるよう奨励している。コソボ北部の人々は、マイニングを目的とした敷地の家賃は月額500ユーロから1,000(約66,000円~132,000円)ユーロの範囲であると述べている。

2015年からマイニングを開始しているプリシュティナ(Pristina)地域に住むエコノミストであるミロット・メフメティ(Milot Mehmeti)氏は、5枚のグラフィックカードを備えたビットコインマシンは月に最大150ユーロ(約20,000円)の電力を使用できるが、そこから得られる利益は最大300ユーロ(約40,000円)あるとして、BIRNに次のように語っている。

私たちは仮想通貨を作成するため、年間約10万ユーロを費やし、そのエネルギーを支払いました。利益はおそらく私たちが支払った額の3倍になっている。


遠隔地もマイニング拠点に

BIRNは、遠隔地の村だけでなく、レポサビッチ(Leposavic)、ミトロビカ(Mitrovica)、ズビンポトク(Zubin Potok)、ズベカン(Zvecan)の各地方自治体の中心部でも、ビットコインマイニングが活発に行われている。

地元メディアの報道によると、これらの自治体のエネルギー消費コストは年間約1,200万ユーロ(約15億9,000万円)に上るとのこと。これらの状況に対してコソボ当局は、州予算への損害が過去3年間で約4,000万ユーロ(約53億円)と見積もられているにもかかわらず、目をつぶっているように見えると報じている。

これらに対し、最近コソボ議会にて、コソボ北部のセルビア人が多数を占める自治体の電気料金を送電システム事業者のKOSTTに支払うべきであるという勧告を承認した。

コソボは、1998年から99年の独立戦争に続き、2008年にはセルビアからの独立を宣言している。この時の戦争では、数千人の死者と避難民を生み出し、甚大な被害を出している。Coin ATM Radarによると、仮想通貨用の4つのATMがコソボの首都プリシュティナで稼働しており、最初のATMは2017年に導入されている。コソボは2019年の仮想通貨ATMの数では世界で57番目に多い国と言う結果が分かった。

コソボ中央銀行は、ビットコインなどの仮想通貨の使用は規制されておらず、法的に経済的損失をもたらす可能性のある危険を構成していると警告している。仮想通貨のすべての潜在的なユーザーは、コソボには失われたお金の返済を保証する機関がないことを改めて知らされている。