仮想通貨取引所Gemini、ドージコインを上場で史上最高値を更新

仮想通貨取引所Geminiがドージコインを上場

ウィンクルボス(Winklevoss)が率いる、仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)は、ドージコインを取引に上場し、そしてコインが5月4日(火曜日)から利用可能になることを発表。上場に発表後数時間でドージコインは46%以上の上昇を見せ、史上最高値を更新した。

ニューヨークを拠点とする暗号通貨取引所は、ドージコイン(Dogecoin/DOGE)のサポートを追加し、DOGE価格を史上最高値へと導いている。Geminiは公式ブログの中で、5月4日から、ユーザーが自分のアカウントにDOGEを入金できるようになると発表した。また、米ドルに対する取引は、プラットフォームのAPIとアクティブなトレーダーアプリケーションで開始され、展開が成功した後、GeminiはモバイルおよびウェブアプリケーションでDOGEの取引を開始させる予定とのこと。DOGEは、英国ポンド、ユーロ、カナダドル、オーストラリアドル、香港ドル、シンガポールドルなど、他のいくつかの法定通貨取引ペアに対しても取引可能だ。

Geminiは、急速な上昇と、同じようにすぐに価値を失う可能性があることを考慮し、DOGEをリストするという決定を正当化しており、次のように語っている。

ドージコインはミームコインですが、すべてのお金はミームです。そして、すべてのお金はアイデアであり、それに対する信仰や信念の問題でもあります。何千年にもわたるお金の歴史の中で、お金の大部分(貝殻、ビーズ、貴金属など)は、私たちや人々が言っていることであり、信じていることでした。

なお、DOGEは、Geminiが現在取引プラットフォームでサポートしている他の40銘柄の仮想通貨と一緒にリストされる。

ドージコインの史上最高値とFOMO

GeminiのDOGEリスト入りの発表を受け、FOMO (※1)が市場に登場。ドージコインの市場価値は過去数時間で46%以上も急上昇し、0.42ドルから0.61ドルを超える史上最高値を更新している。

(※1)FOMO(Fear of Missing Out)とは、直訳すると「取り残される・見逃す事への恐怖心」という意味が込められており、仮想通貨ニュースを見逃す恐怖心、自分が知らない間に起こった見逃した出来事などへの恐怖心と言う意味を指す。

CoinMarketCapより画像引用

CoinMarketCapの調べによると、5月5日12時半時点でのドージコインの価格は、1DOGE=70円(0.6ドル)前後、前日同時刻比53.87%、1週間で141.59%の上昇、時価総額は9兆1,486億円を超えている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。