米国・衆議院、SECとCFTCによる仮想通貨タスクフォースを創設法案が可決

米国・下院議員議会で仮想通貨タスクフォース創設法案が可決

米国・下院議員議会は、仮想通貨に関する規制の枠組みを求め、2021年のイノベーションへの障壁の撤廃法を可決したことが分かった。

米国の規制当局は、急速に変化する仮想通貨の世界に法律を整理して適応させる方法を模索している。仮想通貨をより深く理解し、規制するためにSEC(米国証券取引委員会)とCFTC(米商品先物取引委員会)の間に統合任務部隊を創設する法案はすでに下院で可決されており、上院で導入される準備ができている。

なお、2021年のイノベーション障壁の撤廃法は、米国内の顔す通貨ビジネスの発展を妨げる複雑な規制の状況に光を当てることを目指しているという。

混乱を整理する米国の法案

現在、米国では、さまざまな経済活動の監督に関与する多数の事業体のため、さまざまな基準が設けられている。

例えば、IRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)、CFTC、SEC、およびOCC(アメリカ合衆国通貨監査局、通貨監督庁)は、仮想通貨の重要な側面について意見が一致しない場合があり、その一つであるのが、XRPがセキュリティであると主張しているSECに対するリップルの防御の鍵となっています。これを念頭に置き、統合任務部隊は、規制機関に関係のない専門家の支援を受け、仮想通貨の問題を処理するための正しいまたは望ましい方法に関するアドバイスを提供し、統一された規制の枠組みの提供を義務付けられている。

非政府アドバイザーには、さまざまなフィンテック企業、仮想通貨関連スタートアップ企業、金融会社、データ分析ビジネス、投資家保護組織、および歴史的に十分なサービスを受けていないビジネスへの投資をサポートする機関や組織の代表者が含まれる。法的文書によると、ワーキンググループは、市場の創設と保護、仮想通貨による金融業務に関与する組織団体の保護、サイバーセキュリティに関連する側面、および反マネーロンダリング(資金洗浄)と銀行秘密法に基づくテロ義務の資金調達への対抗などが含まれる。

仮想通貨対策は合理的な懸念事項であってはならない

これらの努力は、暗号エコシステムに関連する法的確実性の欠如を懸念する人々に対し、楽観的な見方を投げかけている。

共和党のシンシア・ルミス(Cynthia Lummis)上院議員によると、このイニシアチブは米国政府のビジョンの変化を示しているとして、次のように語っている。

私たちは、行政の人々が金融技術の重要性を理解し始めていると信じています。そして、あなたは議会でそれが家を通過したばかりの法案によって証明されているのを見始めています。

また、ルミス議員は、仮想通貨市場の規制への関心は、市場の成長を妨げる可能性とは明らかに異なっており、トレーダーや仮想通貨サポーターは懸念を抱く必要はないと主張している。同議員は、規制当局は一般に仮想通貨を完全に理解していない。そのため、これらの新しいテクノロジーがどのように機能し、どのように適切に規制できるかを理解するには専門家のサポートが必要不可欠だと語っている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。