SECの公式サイト、XRPへの投資を容認したことを明らかに=リップル支持を表明?

SECドキュメントでXRPに関する矛盾を発見

2021年1月、SEC(米国証券取引委員会)のデータベースにアップロードされたドキュメントで、XRPコミュニティのメンバーは、Ripple Labs.に対する訴訟にとって重要な可能性のある矛盾を発見したことが新たに分かった。この文書には、投資会社Bailardの幹部向けの投資ルールが含まれているとのこと。

今年1月4日付けで、Ripple Labs.はSECに、従業員が規制への「誠実さ」と「コンプライアンス」を維持するための「倫理規定」を通知。BailardはSECに、その幹部はビットコイン、イーサリアム、XRPに投資する能力があると語っている。

Bailardは、仮想通貨の規制の枠組みが複雑であることを認めており、その結果、彼らはこれらのデジタル資産は「一般的に」通貨と見なされ、有価証券とは見なされないと述べている。逆に、同社は、セキュリティになる可能性のある他の仮想通貨に経営幹部が投資することを禁止した。同社は、その倫理規定がSECの法律および法令に基づいていると述べた際、文書に重要な描写をしている。この規範で概説されている行動規則は、主に法の支配とそれらの法令の下で開発された法的概念に基づいているとのこと。同社は、法律違反を回避するだけでなく、違反の出現や批判の理由を回避するために事業を遂行することが同社の仕事であると信じている。

Ripple Labs.訴訟への影響

Maybe they did. Maybe Ripple will find out in discovery. It could also be what @cryptonym said, that market sentiment/participants viewed it as a crypto currency similar to btc and eth. That’s the hard part about this – we are all just guessing.

— James K. Filan (@FilanLaw) April 8, 2021

10,500人以上のXRP所有者に代わり、介入の申し立てを提出したジョンE.ディートン(John E. Deaton)弁護士は、財務に含めると述べた一方、ジェームズ・フィラン(James Filan)弁護士は、投資会社の声明は訴訟プロセスに影響を与えない可能性が高いと述べた。

フィラン弁護士は、このドキュメントがRippleの法務チームのリソースとして役立つ可能性があると考えており、発見段階では、弁護士は、XRP、BTC、ETHに関するSECとBailard間の情報を求めることができると述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。