バイナンスのDeFiステーキングサービス、BNBおよびUSDTで最大60%年間利率を獲得可能に

バイナンスのDeFiステーキングサービス、BNBおよびUSDTで最大60%年間利率を獲得可能に

仮想通貨取引所バイナンスの預ける(保有する)だけで毎月の報酬(金利)を貰えるステーキングサービス「Binance Stake」は、2020年9月3日1:00 PM(UTC)に「Defi Stake」においてBNBおよび、USDTのプロダクトサブスクリプションを開始することを発表した。

これによりユーザーは資産をバイナンスに預けることで、BNBはAPR(年間利率)が最大25%のKava stakingに使用され、USDTはAPRが最大60%のCurve(CRV)に使用される。またDeFi Stakeを使用してBNBトークンがロックアップされると、BNBはバイナンスのさまざまなアクティビティの平均BNB計算にカウントされなくなるので注意が必要だ。

DeFi(分散型金融)は、スマートコントラクトを通じてユーザーに金融サービスを提供する。また既存のDeFiプロジェクトは、特定の通貨に対してより高い年間収益を提供することを目的としているが、DeFiに参加を希望するユーザーの敷居は非常に高い。そのため、バイナンスはユーザーに代わって徳知恵のDeFiに参加し、実現した利益を獲得・分配し、ユーザーがクリックのみでDeFiに参加できる。

Kavaは、BNB保有者に市場で最大の利回りを提供するための担保資産としてBNBをサポートするクロスチェーンDeFiプラットフォームである。BNB保有者は、KavaのCDPプラットフォームでBNBに賭け、USDX、Kavaのステーブルコインを引き出すことができ、プロトコル報酬として52週間で3,848,000 KAVAを獲得できる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。