正しい世論調査:アメリカ人はCovid-19において、政府の情報よりもIT 大手企業の情報を信用しているが、それでも尚、データにおよる誤用を恐れている。

  • ExpressVPNによる新しい調査によると、アメリカ人のわずか54%のみが、Covid-19アプリにオプトインすると述べています。
  • 77%がデジタルCovid-19アプリはアメリカ人を長期的に渡り、大量の監視下のリスクにさらすと信じている。
  • ほとんどの人は、IT企業(79%)と政府(84%)がCovid-19による拡散の追跡情報のみを趣旨としている、電話位置データーが悪用されることに懸念している。
  • 異なる情報で、Netfilix加入者の40%は、ロックダウンの発令以降において、新しいストリーミングサービスにも申し込んだと答えています。

正しい世論調査:アメリカ人はCovid-19において、政府の情報よりもIT 大手企業の情報を信用しているが、それでも尚、データにおよる誤用を恐れている。

イギリス領ヴァージン諸島:2020年5月21日ーアメリカ人成人1200人に委託された、主要な消費者調査によると、VPNプロバイダーのExpressVPNは、Covid-19が流行する中で、データプライバシーとデジタルによる接触者追跡調査(以下Covid-19アプリ)に関する認識への洞察を提供します。

Covid-19が米国内外で数百万人に影響を与え続けているため、ウィルスの追跡において阻止する新しいCovid-19アプリの対策が実地されています。接触者追跡調査のCovid-19アプリは適切な解決方法ですか?それとも個人情報と監視によるリスクが多すぎますか?

アメリカ人は、Covid-19アプリへの個人情報の漏洩を懸念しており、オプトインの希望者はそれほどいないといえる。

新しい調査では、4分の3(75%)の人がCovid-19アプリは個人情報を侵害していると認識しており、ほとんどの人(77%)が接触追跡モバイルアプリケーションの普及により、長期的に大量監視下のリスクにさらされるのではないかと感じています。

アメリカ人のわずか54%が、Covid-19アプリに自発的にオプトインすると述べています。それでもオックスフォード大学の研究者によると、スマートフォンユーザーの約80%が、拡散の抑制に効果的であるだろうCovid-19アプリをインストールする必要があると認識しているようです。
世界中で、アクティブな34億人のスマートフォンユーザである25%において、GoogleとAppleによって提供されているCovid-19アプリに対応するBluetooth Low Energyの規格をサポートしていないため、目標達成までには時間がかかると見込んでいます。

異なる世代において、ミレニアル世代はベビーブーム世代よりも、Covid-19アプリを自発的にオプトインする(61%対44%)という傾向が強いといえます。全体的なCovid-19アプリの認識面においては、ミレニアル世代の61%がこれらのアプリに精通していると報告されているのに対し、団塊世代は30%にすぎないとされています。

圧倒的多数において、接触者追跡調査により個人情報がマーケティング担当者や、広告主などの第三者に譲渡される可能性があること懸念しています。これらの個人情報における懸念にも関わらず、アメリカ人の59%は公衆衛生全般の確保において、いくつかの個人情報を守秘を放棄する必要があると考えています。

「ほとんどのアメリカ人が接触者追跡調査技術を使用することへの、公衆衛生上の利点に投資していることは明らかです。ただし、個人情報への懸念は引き続き深刻であり、政府とIT企業において、連絡先追跡の取り組みに明確な制限と保護策を講じる必要があることは明らかです」とExpressVPNのバイスプレジデント、ハロルド・リー氏は述べています。

大手IT企業は、連絡先追跡の管理において政府よりも信頼されていますが、アメリカ人はそれらにおいてデータが危険にさらされるのではないかと感じています。

アメリカ人の60%は、連絡先の追跡を監視するという業務において、政府よりも大手IT企業(AppleやGoogleなど)を信頼する傾向にあります。ただし、いずれにおいてもデータ誤用の懸念は高まるでしょう。ほとんどのアメリカ人(84%)は、政府によるCovid-19の追跡を目的とする、電話位置データを誤用してしまう懸念はありゆるといえます。 同様の数(79%)においては、大手IT企業においても同じような過ちを犯してしまうのではないかと恐れを抱いています。

これにおいては、2020年2月にExpressVPNよって行われた世論調査も同様の結果を反映しています。アメリカ人のわずか9%が、大手IT企業によってオンラインデータ上の個人情報は保護されていると、完全な信頼を寄せていることを明らかにしました。
さらに、これらの企業が現在のデータプライバシー規制に準拠していると、確信していると回答したのはわずか10%です。

現在の位置追跡対策においては、大手IT企業がすでに、社会的距離は匿名化された位置データを使用してコンプライアンスを追跡していると認識していると答えたアメリカ人は約半分(46%)でした。しかし、5人のうち4人近くが、追跡された人物の身元が将来公表されるのではないかと懸念しています。

Googleの元CEOエリックシュミット氏のコメントにおいては、パンデミック以降、テクノロジー企業に対する認識が改善したと回答したのは4分の1強(26%)に過ぎなく、彼はコロナウイルスにおいてテクノロジー企業が人々に「感謝」されることを望んでいる。

ストリーミングサービス:ロックダウン中におけるほとんどのアメリカ人に欠かせないツールである。

Netflix加入者の40%は、Covid-19ロックダウンの開始以降、新しいコンテンツストリーミングサービスに加入していると述べています。 これらのうち、44%がHuluに、35%がDisney +に加入しています。

ExpressVPNのプラットフォームで収集されたデータの総計によると、米国でのVPNの使用は、ロックダウンと自宅待機要請の最初の1か月以内に45%増加しました。 これは、人々が屋内でより多くの時間を費やし、ストリーミングやその他の娯楽目的でVPNを使用しているためと考えられます。

新しい調査によると、アメリカ人の3人に1人(33%)が、ソーシャルメディアやビデオ会議サービスなどの他のアプリよりも先に、ロックダウン中においてはストリーミングサービスを最も重要なデジタルサービスとしてランク付けしました。 比較すると、フードデリバリーアプリを最も重要なデジタルサービスとして認識しているのは、わずか5%でした。

方法論

この調査は、2020年5月1〜4日、ExpressVPNがオンラインサンプリングサービスLucidと共同で実施したものです。 サンプルには、1,200人の米国成人(18歳以上)が含まれています。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。