リップル社パートナーのMoneyGramが、韓国最大級の決済会社と提携

リップル社パートナーのMoneyGramが、韓国最大級の決済会社と提携

リップル社のパートナーであるMoneyGramが、韓国の送金会社E9Payとの提携を発表した。新たに結ばれた契約により、E9Payの顧客はMoneyGramがサポートする200か国以上に資金を送金できるようになったとのことだ。

MoneyGramは世界中に35万を超える支店を誇る銀行口座やスマートフォンのウォレットへの送金を可能にしており、海外送金市場が130億ドルを超える韓国でのMoneyGramの最新の積極的な拡大活動を表している。MoneyGramの最高経営責任者であるAlex Holmes氏は彼の声明で、革新性と忠実な顧客基盤に対する同社の魅力を称賛し、新たなE9payとのパートナーシップを歓迎しているようだ。

一方でE9Payは、熱心なユーザーの忠実な顧客基盤を持つ革新の強力な文化を有しており、このパートナーシップにより、E9Payの顧客は、アカウントデポジット機能を含むグローバルプラットフォームにアクセスすることができるようになった。

MoneyGramはE9Payと提携する前にも、コリアポストやセントベなどの他のフィンテック企業との地域における他の戦略的パートナーシップも確保していた。また、1月にはインド市場での事業拡大を計画し、インドの送金業者EbixCashとの戦略的パートナーシップを結ぶ独占契約の締結を発表している。

最近、MoneyGramは韓国での勢力を拡大しており、その需要の高さから韓国の国営郵便局は2018年にMoneyGram郵便局を立ち上げるなど、活躍の場を広げている。米リップルとの提携により5000万ドルの出資を受けたマネーグラムは安価で信頼性の高い国際送金サービスの展開に向け、さらに多くの送金経路でODLを活用する方針とのこと。

この記事のURLをコピーする