ハリーポッターの作者に、イーロン・マスクがビットコインを説明

ハリーポッターの作者に、イーロン・マスクがビットコインを説明

英ベストセラーのファンタジー小説「ハリー・ポッター」の作者J・K・ローリング氏が、ツイッター上でビットコインに対して関心を示した。

ローリング氏がツイートした直後に、コメントがツイッタースレッドに殺到しており、自分の説明を提供する人もいれば、著名な作品、書籍、記事にオンラインでリンクする人などもいたが、その中にイーサリアムの創設者であるビタリックブテリン氏やTeslaのCEOであるイーロンマスク氏などが含まれていたとのこと。ブテリン氏は、次のように説明した。

「それはデジタル通貨です。約1,800万ユニットです。それは何にも支えられておらず、1人が持っているコインの数を分散したグローバルなExcelスプレッドシートを維持するコンピューターのネットワークがあります。」 

多くの説明があったが、その中でもイーロンマスク氏はビットコインについて「政府の中央銀行による大規模な通貨発行により、ビットコインのインターネットマネーは、比較すると堅実に見えるようになりました」とビットコインの堅実性を説明している。

ローリング氏はビットコインに興味を示しているようだが、実際に保有しているかどうかは明らかにされておらず、ツイッター上ではローリング氏を名乗る偽物のアカウントがビットコインを買ったという趣旨のツイートをしているだけのようだ。これらの一連の流れを受けて、仮想通貨取引所ルノのCEOであるマーカススワンポール氏は、「これは、ビットコインについて教育するために、まだやらなければならないことがたくさんあることを私たち全員に思い出させるものです。」と述べている。

解説ツイートを読んだ上で、ローリングは「仮想通貨が素晴らしいものということは間違いないようだ。周りの人から説明を聞いて、理解しようとしたが、物々交換システムをようやく理解できかけている時点で、トークンエコノミクスやブロックチェーン、コレクタブルアイテムなどは頭が混乱してしまう」とツイートした。

今回のローリング氏の反応はビットコインに対する一般的な反応と言えるものであり、仮想通貨業界に精通した人たちにとっては参考になるものだったと言えるだろう。

この記事のURLをコピーする