元モルガン・スタンレーの開発者から、最速の暗号通貨派生品取引プラットフォームが登場!

元モルガン・スタンレーの開発者から、最速の暗号通貨派生品取引プラットフォームが登場!

Phemexとは?

Phemexは元モルガン・スタンレーエグレクティブの8人が設立した最速の暗号資産取引所であり、TelegramやTwitterなどのSNSから開発チームに連絡が取れるプラットフォームです。

Phemexの創立者タオ氏は、モルガン・スタンレーのマネージャーとして11年間勤務していました。Phemex設立以前はMSET BXSのグローバル開発リーダーとしての経験も持っています。今回は30人の開発チームを集まりグローバルユーザー向けの新しい経済の発展を支援する革新的な暗号通貨取引プラットフォームの作成に力を注いでいます。

Phemex本社はシンガポールに置き、世界で最も信頼できる、ユーザーにアプローチを活用した上で、ネットワークを指数関数的に成長させるのを目指しています。そして自社が開発した「All-Star」システムを利用し、ネットワーク制限を消し、より多くのユーザーをアクティブに最高の取引体験を提供しています。プラットフォーム自体にも複数の機能面で高い基準を立て、他社と比べ圧倒的な利点を持っています。

また同社は数ヶ月間5万人以上のユーザー基盤を構築し、2020年2月の1日のピーク取引高は10億ドルに達しました。2020年の四半期には、暗号資産のみならず、株価指数、金利、FOREX、商品、金属、エネルギー等の従来型金融商品の取引も導入する予定です。

Phemexの特徴は?

1、六つの取引種類+ゴールド/USDの多種類取引ができます。
(BTC、ETH、XRP、LINK、XTZ、LTC)
2、サブアカウントを持つが可能。
(BitMEXおよびBybitと異なる、Phemeはロングポジションとショットポジションを同時に保持することが可能、また資金を管理するため預金口座を貸す)
3、ドル決済契約、より低いリスク、そして簡単なPnL。
4、1日3回の引き出しが可能。
5、MASからライセンスを取得後、直ぐに伝統的な金融プロダクトの提供が可能。
6、資金管理オプション(最大200個のサブアカウント、簡単な引出し、完全なAPI統 合)
7、独自のコールドウォレットシステムを使用。
8、新通貨取引種類が間も無く登場する予定(Chain、Tezos、TBDなど)

最高の安全性

1、最高レベルのセキュリティ対策
Phemexはユーザーの資産はオフライン署名と2段階審査を使ってリスクをカバーします。
2、最高のウォレットセキュリティ
ユーザーは個別コールドウォレットアドレスを持って、1日3回までの引き出す制限あり。また必要があればオペレーターとファウンダーによって個別審査が行います。
3、システムの安全性
Phemexはアマゾンウェブサービス(AWS)を使用していて、すべての機械はAmazon Cloudで保護されています。
4、カスタマサポート
365日24時間に多言語カスタマサービスを提供しています。

なぜPhemexを選ぶのか?

ほとんどの取引所は、週5日、1日6時間営業し、FX取引所でさえ日曜日に閉まってしまいました。しかし、暗号通貨業界には当てはありません。ユーザーはいつでもどこでも取引したいと考えています。当然、BitMEXやBinanceなどのノンストップの交換は、暗号通貨ユーザーの間で標準的なサービスになっています。

PhemexのCrossEngineが毎秒30万件の注文を365日 x 24時間に処理できるように使用されています。また、成行注文の入力と実行の応答時間は0.2ミリ秒未満であり、システム全体のメンテナンスやアップグレード中にもダウンタイムも発生しません。

またPhemexは、パフォーマンスを最大化するためにいくつかのプラクティスに従っている。

1、複数のスレッドを使用する代わりに、複数のプロセスを使用しています。ほとんどのプロセスは単一スレッドです。専用のCPUコアにスケジュールして、プロセスやスレッドのスケジューリングコストを気にすることなくパフォーマンスを向上させることができます。
2、コアエンジンはクリティカルパスでロックフリーです。トレーディングエンジンの数を増やすと、全体的なパフォーマンスをほぼ直線的に改善できます。
3、各Phemex実行可能なバイナリファイルは非常に小さいです。サードパーティライブラリの依存関係を最小限に抑えました。 それらが単純であればあるほど、維持がより安定し、容易になります。各プロセスは非常に軽量であるため、システムで使用されるリソースは少なくなります。 オールインワンプロセスと比較すると、機能のセットが少ないため、テストも簡単になります。

詳しくはHPでご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。