【7月6日】OKEx & MXC共同主催「BiggerChain2019・中国ブロックチェーンサミット」が開催決定

【7月6日】OKEx & MXC共同主催「BiggerChain2019・中国ブロックチェーンサミット」が開催決定

7月6日に、世界をリードする仮想通貨取引所であるOKExとMXCが、中国南西部の中心都市である成都で「BiggerChain2019・中国ブロックチェーンリーダーシップサミット」を開催する予定。

今回のサミットでは、中国のブロックチェーン業界で有名な取引所であるCoinall、Bibox、Lbank、ZBなど、投資機関(Chuangshi Capital、LinkVCなど)、ブロックチェーン起業プロジェクト(ACDなど)、および日本、韓国のトップブロックチェーンメディア(Cointelegraph Japan、韓国経済など)、質の高いプロジェクトパーティー(MXC IEOスタープロジェクトTicTalk)の他、数十社が出席します。

2019年後半に業界の発展に焦点を当て、為替革新、投資機関のインキュベーション経験、プロジェクトの起業機会などのトピックで深く交流します。

イベントスケジュール

『BiggerChain·2019 中国ブロックチェーンサミット』

■ 開催日時:2019年7月5日(金) 18:30~21:00 歓迎宴会(MXC主催)
2019年7月6日(土)9時30分~10時30分 開幕挨拶
10:30~12:30 取引所編 スピーチ&パネルディスカッション&エアドロップ
13:30~15:50 投資ファンド編 スピーチ&パネルディスカッション&エアドロップ
15:50~18:20 ブロックチェーンプロジェクト編 スピーチ&パネルディスカッション&エアドロップ
19:00~21:00 四川料理火鍋の夜(Coinall主催)

  • 主催:OKex、MXC、蜂巢财经
  • 参加者:Coinall,Bibox,LBank,ZB,创世资本,LinkVC,FutureMoney,币小白,Cointelegraph Japan,ACD,Block Battle
  • 共催:金色財経、币世界  火星财经 币牛牛  币乎
  • 参加方式:招待制

取引所

  • 伝統的な取引所はいかに力を発揮し続けるのでしょうか。(Jay Hao OKex CEO)
  • 新規の取引所はいかに追い越すのでしょうか。(Eric Yang MXC Co-Founder)

2019年前半、仮想通貨市場は活発で強気な相場が再び訪れました。
市場がどのように変化したとしても、「最も収益性の高い」トラックとして資産循環を提供する取引所が競技者に欠けていることはありません。

取引所の競争トラックには、古いプレイヤーと新しいプレイヤーの両方がいます。
その中でも、OKExは長期的な蓄積と派生的なイノベーションでトップの座を占め、またMXCは、中国で「抹茶」と親しく呼ばれており、素早く発展する勢いで、急激に中国で最も人気のある新しい取引所となり、1日で最大20万人のユーザーを増やす取引所となりました。

1つは着実で経験豊富な古い銃、もう1つは、あえて新しいことに取り組む姿勢、両サイドは初めて「BiggerChain」サミットにブロックチェーンに関して話し合うし、重要な戦略を発表するとのこと。

投資ファンド

MXC Foundation 初登場(Eric Yang MXC CoFunder)
Chuangshi Capitalのプロジェクトインキュベーションモード(丰驰 创世资本CEO)
投資機関の役割変更(林嘉鹏  LinkVC Founder)

取引プラットフォームによって支配されているトークンは、バリューチェーン内のすべてのリンクをもたらす新しいモデルを持っています。

質の高いプロジェクトを見つけることが取引プラットフォームの新たな最優先事項となっており、TokenFundが新しいプロジェクトの主な配達先となっています。

多くの投資機関の中で、Chuangshi CapitalはIEOの空路で際立っており、インキュベーションをしたプロジェクトである积木云(BlockCloud)がOKExのJumpStartに上陸した後、27倍の増加で流通市場で注目を集めました。

今年、TokenFundは主要市場における投資家の役割だけでなく、インキュベーションプロジェクトや参加ノードなどの観点から業界に投資している組織もあります。
7月には、多数のTokenFundsが自らの経験を持ってサミットに参加し、プロジェクトへの投資と育成の迂回路を共有し、役割と機能変革の経験を積みます。

ブロックチェーンプロジェクト

ACD 全日空投資したプロジェクトのスピーチ(园田康博 CEO)
ビジネスモデル&アプリケーション ブロックチェーンプロジェクトの交差点
FutureMoney (一欧  Founder)

2019年前半に、新しいブロックチェーンプロジェクトがIEOのアウトレットから市場に参入し、いくつかの新しいプロジェクトが新しい「モデル」でユーザーを獲得しました。

「上がれば信念を強められる」という衝動的な雰囲気の中で、世の中もまた、プロジェクトのアプリケーションがいつ価値支援になるかという疑問に注目しています。ブロックチェーンの分野では、バリュー投資は誤った考え方なのだろうか?

取引所を舞台だと言えば、ブロックチェーンプロジェクトは舞台上の「主役」であり、そして二者は同時に売れ業績の圧力を負います。「有名」になるための道では、オペレーションモデルはスターを作るマーケティング技のようなもので、一方、技術とアプリケーションの実現は、遠く発展できる「実力」として業界で見なされてきました。

前者は長続きはしないが売れています。後者は可能性がありますが辿り着きにくい。この2つの関係をどのようにバランスさせるかも検討する価値のあるトピックになりました。

イベント主催者MXCについて

MXC取引所(https://www.mxc.com)は2018年4月にシンガポールで設立されました。これは、ウォール街、日本、及びヨーロッパの上級定量取引チームによって分散組織によって作成された暗号資産の取引プラットフォームです。

MXCは現在200万人の登録ユーザーを持ち、一日アクティブユーザーは20万人です。USDT、ETH、BTC、EOS、および取引所自社トークンMX建てで、200以上の取引ペアを提供し、24時間取引高は3億ドルです。

URL:https://www.mxc.com
Twitter:https://twitter.com/MXC_Japan
Telegram:t.me/MXC_Japan

本稿はPRESS RELEASEです。
NEXT MONEYは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者の皆様は、本ページに関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、必ずご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願い致します。
この記事のURLをコピーする