イーロン・マスク、「ビットコインは私のセーフワードではない」

イーロン・マスク、「ビットコインは私のセーフワードではない」

宇宙関連事業スペースX社と電気自動車メーカーテスラの共同設立者兼CEOであるイーロン・マスク(Elon Musk)氏は、Twitter上で「Bitcoin is *not* my safe word(ビットコインは私のセーフワードではない)」とツイートし話題を集めている。

「safe word」という言葉は、特定のプレイにおいて本当でやめて欲しい時のためにあらかじめ決めておく合言葉である。日本時間の16時にツイートされたマスク氏の投稿は、仮想通貨市場はもちろん、一般ユーザーにまで急激に拡散され、執筆時点で4万のいいねを集めている。

イーロン・マスク氏はビットコインに対して以前から興味を持っている。昨年2月、投資会社ARK InvestのPodcast(ポッドキャスト)にて「仮想通貨が従来の法定通貨に変わって改良された非常に素晴らしい通貨である」と発言。ビットコインが通貨として優れていることを強調している。

また昨年5月には、突然「Ethereum」とツイートし、イーサリアムの創設者であるヴィタリク・ブテリン氏に、「イーサリアムで何を開発するべき?」と質問。ジョークであるとツイートしているが、どのような神意があったのかは定かではない。

イーロン・マスク「イーサリアムで何を開発すべき?」の問にヴィタリクが回答

2019.05.01
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。