英国女王を偽った、ビットコインフィッシング詐欺が発生

英国女王を偽った、ビットコインフィッシング詐欺が発生

病んでいる相続人のいないナイジェリアの王子の財産を受け取りませんか? 不明瞭で前代未聞の国で生まれた数十億ドル規模のビジネスのパートナーになりませんか?これらは全て世界中でよく知られた電子メール詐欺の文面である。

今回このような詐欺と同様の詐欺が行われているとのことで、エリザベス女王2世の秘書であるエドワードヤングを装った手紙の形式でビットコインのフィッシング詐欺が発生している。

この手の詐欺は電子メールのように世間によく知られている媒体からあまり使用されていない媒体に移行されているようで、今回、Paul Riddenによると、このフィッシング詐欺の被害者が実際にバッキンガム宮殿から手紙を受け取ったと主張している。

手紙の内容は、英国経済を救うために、女王は、450,000ポンドから2,000,000ポンドの範囲の資金の貸し出しが可能な個人を探しているという言及から始まり、このお金はブレグジット後の英国経済の保存と維持に使用されるというものである。

忌まわしい文法で書かれた粗末な手紙によると、お金を貸すことに同意する人々は、王族が3ヶ月間元本の30%の利子を支払う契約を結ぶことになり、さらにボーナスとして、貸し手は、王室に商品やサービスを提供する企業のリストである王室御用達会にも参加できるという内容である。

また文書の終わりに向かって、詐欺師は、二国間協定を取得するために私たちが持っている協定に影響を与える可能性があるため、申し出を完全に匿名のままにすることなども明記している。

詐欺であることは核心的である

執筆時点では、ビットコインアドレス「1sycBKECFgPBD3EiaTCcD2VCeobr8DrpD」はわずかな額しかビットコインを受け取っていないため、詐欺に陥った人はほとんどいないことを示している。

個人をこのような攻撃から保護するために、電子メールサービスプロバイダーは通常、スパムフォルダーに移動する前に、このような詐欺的な電子メールを自動的に検出する多くのセキュリティチェックを採用している。

しかし、残念ながら郵便物のようなものの場合そのようなセキュリティ対策は不可能であり、そ同様のソーシャルエンジニアリング詐欺の試みやフィッシング攻撃の最も脆弱な標的として残っているという現状がある。

この記事のURLをコピーする