米進出BinanceUS、9月18日から登録・入金の受付スタート

米進出BinanceUS、9月18日から登録・入金の受付スタート

Binance.USは、2019年9月18日水曜日午前8時(米国東部時間)にアカウント登録を開始し、BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、USDTの預金の受け入れを開始することを発表した。これによって、アメリカ全土のデジタル資産市場へのアクセスが徐々に展開され、最初のフェーズが開始されることになる。

最初の登録段階では、Binance.USアカウントにサインアップし、希望する引き出し制限を解除するためのセキュリティなどが達成されるとと、最初に選択したデジタル資産全体にデポジットを行うことができる。

登録が開かれた後すぐに、特定のペアの取引がいつ開始されるかを詳述する更新を提供する予定であり、取引が開始された後、検証済みのユーザーが入金し、最終的にBinance.USで取引できるデジタル資産の選択に利用されるようだ。

調査中のデジタル資産の取引可能性は、デジタル資産リスク評価フレームワークに基づいているとのことである。

BinanceUSが本格的に使用できるのはいつ?

BinanceUSのこれからの具体的な利用の流れとしては、2019年9月18日水曜日、東部標準時の午前8時から、Binance.USにアクセスできるようになるとの見込みであり、アカウントにサインアップしたのちBTC、ETH、XRP、BCH、LTC、USDTのいずれかを選択し、デポジットすることで登録開始後にアカウントの確認が行われ、デジタル資産での取引ができるようになるようだ。

Binance.US CEOであるC.コーリーはBinanceUSについて以下のように語っている。

「Binance.USは、高速で安全なデジタル資産市場であり、アメリカの日常ユーザーに世界をリードするデジタル資産取引技術、速度、および経験を提供しする取引所である。

サンフランシスコに拠点を置くBinance.USはBAM Trading Servicesによって運営されており、Binanceからライセンスされた最先端のマッチングエンジンとウォレットサービスに基づいて構築されている。

Binanceは約3割を占めているという米国ユーザーへのサービス停止により、大幅な出来高の減少が懸念されていたところだが、BinanceUSによりこれまで以上の米国ユーザーを獲得する見込みである。

この記事のURLをコピーする