【仮想通貨取引所】DigiFinex(デジフィネックス)の特徴・口座開設方法

【仮想通貨取引所】DigiFinex(デジフィネックス)の特徴・口座開設方法

DigiFinex(デジフィネックス)の基本情報

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・EOSをはじめとする125通貨、250通貨ペア
  • 取引手数料    : 0.2%/入金手数料無料

DigiFinexは2017年12月に設立された、シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所です。
コインマーケットキャップの取引量ランキング(調整取引量)では現在17位にランクインしており、中堅取引所と言えるでしょう。

DigiFinexはブロックチェーン、デジタル資産のファンによって立ち上げられ、コアチームにはテンセントやBaidu、HPなど有名企業で開発に長年携わってきたメンバーで構成されています。

また、現物取引はもちろんのこと、マージン取引やクレジットカードでの仮想通貨購入もサポートしています。

DigiFinex(デジフィネックス)の特徴

SEC(米国証券取引委員会)と同等のセキュリティ監査機能

DigiFinexは、SECと同等のIT監査システムに対応した唯一の仮想通貨取引所です。
多くの資産の管理をする立場である、仮想通貨取引所のセキュリティレベルとしては、SECと同等レベルのセキュリティシステムというのは安心感があります。

他の取引所にはない最大の特徴でしょう。

世界的IT企業から集結したコアチーム

DigiFinexのコアチームは世界的なIT企業から集まった優秀なメンバーで構成されています。

DigiFinexの共同設立者であるKiana Shekは、中国最大の検索エンジンである「Baidu」で勤務しており、退社後にDigiFinexを設立した。

他にも、世界時価総額ランキングで現在7位のITトップ企業「Tencent(テンセント)」や、コンピューター関連製品の開発・製造企業「HP(ヒューレットパッカード)」、中国の動画ストリーミングサービスなどを提供するIT企業「迅雷(Xunei)」などの名だたる企業からメンバーが集まっている。

エアドロップイベントが豊富

DigiFinexでは様々なトークンのエアドロップイベントが常に開催されています。
エアドロップとは、マーケティングキャンペーンの一環としてプロジェクトが発行したトークンを、無償でユーザーに配布するイベントのことです。

獲得には様々な条件などがあるが、比較的簡単に参加できるエアドロップキャンペーンも多数ある。

DigiFinex(デジフィネックス)の口座開設方法

まずはDigiFinexの公式ページへ移動します。

DigiFinexは「英語」「中国語」「韓国語」など計9か国語に対応していますが、日本語には対応していませんので、Google自動翻訳機能などを使用することを推奨します。

1、トップページ右上の「登録(Register)」をクリックします。

2、登録画面が開いたら下記の通り入力を進めていきます。

 

アカウント作成

①メールアドレスを入力
②「送る」をクリックするとメールにコード(6桁の数字)が届くので、届いたコードを入力
③パスワードを入力
④確認用パスワードを入力
⑤招待コードがあれば入力
⑥提出するをクリック

以上でDigiFinexの登録は完了です。
ログインした後は、セキュリティ向上のために二段階認証の設定は必ず行いましょう。

そもそも二段階認証ってなに? - おすすめ2段階認証アプリと設定方法

2018.06.11
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。