大手銀行2社、リップル社の「xCurrent」をテスト

大手銀行2社、リップル社の「xCurrent」をテスト

ベネズエラ全土に340の支店を持ち、600万人以上の顧客を抱えるBanesco Panama銀行および、チリ最古の銀行であるScotiabank Chile銀行が、仮想通貨XRPを発行するリップル社の「xCurrent」の採用テストを行なっていることが、金融メディアであるIupanaの報道によって明らかになった。

報道によるとBanesco Panama銀行はすでに、xCurrentをベースにした送金システムなどに前向きに検討しているようであり、規制当局と協力してxCurrentのクロスボーダー決済の導入が規制対象になるのかなど、検討に動き出しているという。

Banesco Panama銀行のイノベーション部門のトップであるRodrigoGonzález氏は、次のように述べている。

「Banescoは、ドミニカ共和国、パナマ、ポルトガル、プエルトリコ、スペイン、ベネズエラを網羅する、グループ内の銀行間でのテクノロジーの展開を目指しています。
Banescoの概念実証では、資金移動にxCurrentネットワークを使用しました。リップル社のXRPの使用は、快適さよりもさらに一歩進んだものと見ています。
リップルネットワークに統合されたBanescoは、当初グループ内の銀行間でのみブロックチェーンベースの転送を提供することを目指していました。それは、Banescoが各受取銀行との間で二国間で金利と為替レートの取引を行う必要があるからです。」

また、Scotiabank Chile銀行の担当副社長であるDaniel Kennedy氏は、「xCurrentはうまく機能する」と自身の考えをのぞかせており、Rippleの技術を完全に統合する事によるメリットや今後のビジョンを次のように述べている。

「これを実行するとすぐに、このプロセスははるかに効率的になり、はるかに効果的になります。そして、あなたはほぼ1つのアカウントを持ち始めることができます。
あなたがリマのクライアントとチリの中小企業を持っているならば、彼らは同じ数を持っているアカウントに入金することができ、それはちょうど転送されます。しかし、私たちはまだそこにいません。」

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。