8月が半減期のライトコイン、ハッシュレートが史上最高値を記録

8月が半減期のライトコイン、ハッシュレートが史上最高値を記録

ビットコインのソースコードから誕生した時価総額5位の仮想通貨ライトコイン(LTC)は現在、24時間で価格は3%以上減少し、執筆時点で102ドル(約11,000円)でトレードされている。

また、ライトコインの一日平均取引ボリュームは42億ドルと、その価格と比例して減少しているものの、BTCおよびUSDTペアでの取引は活発化している。

しかし現在、ライトコインのハッシュレートは価格と反比例し、史上最高値を記録したのだ。

この価格に反比例したハッシュパワーおよび、ハッシュレートの増加についてライトコイン財団のディレクターであるFranklyn Richards氏は次ように述べている。

「世界的に市場が回復している中で、ライトコインだけが歴史的に高いハッシュレートを達成しています。 おそらく、もっと印象的なのは、新興企業にもかかわらず、ライトコインだけが新たな高値を付けようとしているようだ。ビットコインも依然として高値を付けようとしている。」

さらにマイニング市場を掘り下げていくと、クラウドコンピューティングプラットフォームであるBitDeerは、世界最大手のBitmainが新たにAntminer L5がライトコインの採掘に利用できるようになることと関係がしているという。

現時点では、この内容は噂程度でしかないが、ハッシュレートの増加にはAntminer L5が、大きく関係しているという情報は有力である。

そして今後のライトコインの半減によりマイナー報酬は、半減するように設定されており、2019年8月ごろに第3回目となる半減期が訪れることが予想されている。

Antminer L5がリリースされ、ライトコインはもちろん、仮想通貨市場全体の価格が急落しないとなると、効率の向上およびネットワークの復旧が迅速化し、価格上昇が予想される。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。