仮想通貨XRPに関係するリップル社、有価証券問題の集団訴訟で「マイナーではあるが有意義な勝利」

仮想通貨XRPに関係するリップル社、有価証券問題の集団訴訟で「マイナーではあるが有意義な勝利」

リップル社に関係している仮想通貨XRPの有価証券問題の集団訴訟に関して、米国カリフォルニア州の地方裁判所は差し戻しの要求を破棄していたことが明らかとなった。

仮想通貨XRPの有価証券の集団訴訟問題が明らかとなったのは今月1日、米国政府や仮想通貨に詳しいJake Chervinsky氏の公式ツイッターにて今回の判決を「マイナーではあるが有意義な勝利である。」と発言した。


今回の判決に関してJake Chervinsky氏は「裁判所は差し戻しへの動きを否定しました。これは連邦裁判所にとどまることを意味します。」ツイートした。この発言の意味には今後、差し押さえに関する要求に関してリップル社は州の裁判所などで審理されることがなくなることとなる。

リップル社側の弁護士は昨年11月、州の裁判所で行うべきではないと主張、「州の裁判所よりも連邦政府の裁判所が勝利する確率があり、こちらの方がメリットがある。」と発言していた。これによってれいぽ政府レベルの裁判が決定していた。